2010年06月30日

桂 三枝 はなしの世界

睡蓮 が、満開になっています。
DSC01552.JPG
昨日は、天満天神繁盛亭 に 「桂 三枝 はなしの世界 その14」 にいってました。
繁盛亭の 緞帳 がこれ ↓
DSC05389.JPG
もう、14回も この 三枝の公演に来たことになります。
例によって、その後は、宴会。
しかし、W杯の サッカー試合があるので、早めに、散会。
家にたどり着いたのが、ちょうど、試合開始でした。
0-0 のままなので、適当なところまでみて、寝ました。
朝起きたら、岡田ジャパンは、負けておりました。
2002 は、日韓共同開催だったことは、覚えているのですが、
前回の2006 W杯 は、まったく、記憶にありません。誰が日本の監督だったのか、どこで開催されたのか・・・
ちょうど、家内の亡くなった直後だったからでしょう。

という事は、繁盛亭も、2006年に開席して、4年目という事になります。
posted by syouryu at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年06月28日

3Dシアター

 昨日は、梅雨の晴れ間で、日曜日でしたし、外出しました。
前から、観に行こうと思っていた、3D で、ジオグラフィック系の 二作品。
海遊館 隣りに、サントリーミュジアム の IMAX シアターがあります。
ここは、3D が流行り出す前から、3D作品の上映オンリーです。
「ハッブル宇宙望遠鏡」 と 「シーモンスター」
シルバー料金で、二作品連続で観て来ました。
まずは、「ハッブル宇宙望遠鏡」
imagesCAMKDE27.jpg imagesCAGQCUHM.jpg
銀河が、泡状に偏在しているのは、平面の写真では、分かりにくいですが、これが、3Dだと、一目瞭然に、立体的に分かりました。 
次の 神の目 として有名な 星の終末像ですが、これが、3D だと、眼球角膜には見えませんでしたので、これは、平面像のほうが美しい。
「シーモンスター」 は、さほど、期待してなかったのですが、見ごたえがありました。
3Dは、動くもののときは、その真価を発揮するようです。
 「シーモンスター」 では、こうした、海獣が 目の前に飛び出してくるのですから、子供から大人まで楽しめます。
tylosaurus_squalicorax-mi[1].jpg dolichorhynchops_group-mi[1].jpg dolichorhynchops-mi[1].jpg
posted by syouryu at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年06月27日

胃の無い生活6ヶ月目、ロングパスタ

DSC03349.JPG DSC03316.JPG
食事は、ほぼ、胃切除前の状態に戻っているとはいえ、戻ってない事もあります。
ちょうど、6ヶ月目に食べた、ロングパスタ、それは、フェトチーネ だったと記憶してます。それまでは、ロングは カッペリー二 どまりでした。 
スーパーのモールの中のパスタ屋で、目の前で、調理しているので大丈夫だと思ったのですが・・・
トマトソースをフライパンでぐつぐつ とさせながら、パスタをゆがいたままに入れていたので、パスタ料理のの定石どうりだったのです。
美味しく、ゆっくりと、本を読みながら、食べておりました。
5時間後に、脂肪性の下痢がおこりました。 その中に、一瞬、回虫かと思った、白い細長いものが多数混じっておりました。 これが、ロングパスタの残骸でした。よく咬んでいるつもりでも、数センチまでのままで、喉をとおるものもあるようです。
やはり、油が主な原因と思いますが、ロングパスタは、切ってから食べるべきだと猛反省しました。
長男のお嫁さんに、父の日に頂いた、DSQUARED2 のシャツを着ていると、年齢不詳ですが、やはり、痩せていると再確認します。 ちなみに、ジーパンは、ユニクロ です。
秋には、世界遺産 ハロン湾 への旅行を計画しているので、肥っておこうと思っています。
SN3E0012_0001.JPG

2010年06月25日

茶猫

朝、起きると、岡田ジャパン は、決勝進出が決定してましたネ。
朝から、ゴールシーン を繰り返し放送してますが、見てても面白くはないですね。 これは、ゲームの流れの中で見ないと、ダメですねちっ(怒った顔)。 
DSC00014.JPG DSC00011.JPG
関西は、梅雨のまっただ中 雨 ですが、北海道は、こんな感じでしょうか晴れ
ブログランキング は、左上 から 右上に 移動しました。よろしく、お願いします。
この間の、晴耕雨読 で読み返した 絵本は、
「ポテト・スープが大好きな猫」
猫 に関する 絵本は、結構あります。
「百万回生きた猫」 とか 「クマとヤマネコ」 とかのメジャーなのが、すぐに思い浮かびますが、いずれも、絵本にしては、扱っているテーマが難しすぎるように思えます。
この、「ポテト・スープが大好きな猫」 は、 一人住まいの おじいさん と 茶トラの老雌猫 との絆を、さりげなくでは無くて、シビアに描いています。
5159BiWQ0DL._SL500_AA300_[1].jpgDSC05380.JPG
絵本の表紙 での、猫の勇姿 は、毎日、湖に魚を釣りに行くときの 姿です。猫は、魚が好きなわけでなく、おじいさんの作る ポテト・スープ が大好きなのです。
ある日、おじいさんは、一人で魚釣りに出かけてしまいます。猫は、起きると、置いていかれたことに気づき、一人で魚を捕まえに行きます。何日も経って、猫は、苦難をかいくぐって、ようやく、大きな魚を捕まえて戻ってきます。
どんなに、大変だったかを、おじいさんに、ネコ語で語ります。
その話を聞いて、おじいさんは、こんどは、一人で、出かけたりしないと思うのでした。そして、また、毎日、おじいさんの作ったポテト・スープを、ともに食べるのです。
老いた者同士の、動物の種を超えた、絆 というものの感じる絵本でした。
ちなみに、翻訳者は、今をときめく 村上春樹 です。彼も、無類のネコ好きなのが分かります。
posted by syouryu at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2010年06月24日

岡田監督のこと

DSC05360.JPG DSC05329.JPG
スポーツは、見るのもするのも、苦手で過ごしております。
でも、岡田武史監督は、なぜか、関心があり、どういう人なのだろうと、考えたことがありました。
そんなとき、見つけて読んだ、本。
『岡田武史監督と考えた「スポーツと感性」』
51GiIz9B+2L._SS500_[1].jpg
はっきり言って、わけのわからない、まとまりの無い事 を 著者 志岐幸子 氏 の感性でまとめたもので、岡田監督との対談で構成されています。
屈強な肉体を動かす、アスリート達は、実は、感性の豊かさで、一流に成れるのだそうです。その感性とは、理性的判断で勝利しようとする自己意識を、消し去る意識状態、一種の無意識, いわゆる 無我 に到達することだそうです。
ここで、岡田監督は、ゾーン と呼ばれる アスリート達の意識状態が、瞑想や禅 で 到達する、統一意識や集合的無意識 と関連していると指摘しています。試合前に、チームを、そうした状態に持って行くのが、監督の役割と言っています。
多分に、東洋的な心技体の完成された姿を、そこに見てしまいますが。
今頃、南アフリカでは、岡田監督は、そうした理性を超えた無我意識の状態に、チームを高めることに、人生を賭けておられるのだろうと、思いを致しながら、これから、僕は寝ます。
明日の朝には、岡田監督の東洋的な精進の成果がでます。

posted by syouryu at 20:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 閑談休話

2010年06月22日

胃の無い生活6ヶ月目、治癒とは?

花に蜜を集めるクマバチ。体に似合わない小さな翅で飛ぶので、「不可能を可能にする」象徴 とされている。この写真を撮っている距離では、ブンブン という翅音が、聞こえてきて、恐い感じがするが、イタっておとなしい性格で、スズメバチのように、人を襲ったりしない。
DSC05357.JPG DSC05349.JPG
  癌は、現在の医学的説明では、遺伝子の変異が蓄積することが原因でをおこるとされています。その第一の要因は、加齢で、50歳あたりから急激な癌による死亡が増加してきます。第二次大戦直後には、日本人の平均寿命は、50歳でした。平均寿命の増加に伴って、癌の発生が増加してきているのは、ある意味、仕方の無いことで、癌撲滅 というのは、老化を阻止するとか、人の寿命をなくす事と同じで、荒唐無稽なことかもしれません。

しかし、僕は、胃癌から治癒したと、自分としては考えています。

胃癌と診断される以前よりも、元気になったようにすら思えます。これは、胃癌から生還したことの副産物のようにもみえます。しかし、副産物ではなく、主産物とも考えています。

存在の本質への、いっそうの接近、新たな到達と均衡、という、 空(ア)け とか 手放し とか、他力 とか表現される、現実に有るがままに抵抗せずに向くという、意識の均衡状態 をして、肉体が治癒していったのだと思えます。

この意識の均衡状態は、生きることで可能な場合も有れば、死してこそ可能な場合もおこりうるでしょう。 したがって、この治癒には、死して治癒するということも、また、有りかなとも考えられます。

結局、存在の本質の前には、生きても、死んでも、治癒ということに、変わりがないと結論できそうです。

参考図書  癒された死 (Healing into Life and Death)

        著者 スティーブン・レヴァイン

Amazon での書評 『全米ホスピス界の第一人者の綴る「生」と「死」を超えた「ヒーリング」の世界。安らぎの中で死んでいった患者、重病から奇跡の生還を果たした患者、様々なケースに直面した著者が綴る深い洞察の書』

2010年06月21日

胃の無い生活6ヶ月目、手術前後

DSC03524.JPG DSC03522.JPG
もう、蓮 が蕾をつけだしました。7月が、蓮が開花する季節ですから、当たり前といえば、当たり前ですが。
   手術前               現在
DSC04541.JPG  3333.jpg
手術前の写真は、昨年11月28日に、病理検査の結果と、胃全摘の方針を、伺った直後に、昼ごはんを食べながら摂った写真です。
長男が、葬式用の写真は、あるのか? と冗談紛れに聞いてきたので、今撮っておこうと、撮った写真です。
 したがって、幾分、緊張感とシリアスな表情がうかがえます。現在 のは、緊張感が無く、すっとぼけた表情がでています。状況によって、顔の表情が、こうも変化するもののようです。 体重は、手術前で、65キロで、手術直後は、59キロ、現在 61キロです。
この6ヶ月で、自分で、10回も血液検査をしておりました。ちょっと、やりすぎのように思いますが、小心者なもので、少しの体調の変化でも、検査していたようです。
この、5ヶ月過ぎからは、血液検査の結果も、落ち着いてきています。
それまでは、血糖値、コレステロール値 や、膵機能、肝機能、の変動が起こっておりました。
胃全摘後の体の恒常性が整うまでには、これぐらいは必要期間のように思います。
現在の血液検査の状態で落ち着いていくのでしょう。手術前と違うのは、赤血球は、低め、肝蔵酵素系は、正常値ながら、高め で、コレステロール値は、低め で維持しています。
そうそう、散々に騒いでおりました、左胸部痛ですが、痛みは消失しました。今、体で痛いところはありません。

2010年06月19日

胃の無い生活6ヶ月目、 空腹感

ノウゼンカズラ が咲き出しました。これが咲くと、梅雨も明けるのですが・・・
DSC05266.JPG  DSC05263.JPG
胃全摘して、胃が無いので、空腹になることがあるのだろかと思われます。
それが、一ヶ月を過ぎて、二ヶ月をえずに、空腹感に襲われたものでした。 ちょうど、会議があって、夕食時間を過ぎてしまった時でした。
それまでは、絶え間なく、食べているというのに近い状態で、食事をしていました。 5回食というのは、そういう感じになります。食べることが、 行 、という感じで、食事をするという感じでしょうか。
一度には、多くは食べれないので、暇があれば、チョコレート、ウエハウス などの スナック類を食べているという状態でした。 
それが、ある日、突然に、空腹感に襲われたものですから、心から、嬉しい〜 と感じましたわーい(嬉しい顔)
空腹感のときは、お腹がゴロゴロと鳴るのです。胃が無いので、胃が空腹感を感じるという事は無いので、やはり、血糖値が低下するからでしょうか。
今、6ヶ月経って、空腹感の到来を待って、食事をしていますので、楽しく食事ができるようになってきました。
この間、食事が、 行 であることも理解できて、食事を頂くことのできる有り難さが、分かるようになりました。

2010年06月18日

胃の無い生活、6ヶ月目 補助食品は?

DSC05249.JPG
この写真は、入院前に、老婆心で作っておいた 杖 です。
自宅にあった、竹の棒 に、下は、ゴムを貼り、握り部分は、ドライバーを差し込んでいます。
退院後に、ヘロヘロで、歩けないときを考えて、用意しましたが、手術翌日から、普通に歩いていましたから、必要が無かったわけです。
入院前に、食品類も、レトルト から、ゼリー製品 、ウエハウス 、チーズ類 、ジャム など、結構な量を、買い込んでいました。
保存食や補助食品のたぐいも、結構な量を買いだめしていました。
なにせ、一人暮らしなもので、 買出しや調理が出来ないほどに、くたばっていた場合を考えて、万端の準備をして、入院しました。
幸いな事に、入院中でも、普通に外出してましたし、退院後は、自宅から出れないということも無く、過ごせました。
食品類は、賞味期間があるので、数ヵ月後には、周りの人たちに、あまった物を、もらっていただいておりました。
いまでは、栄養補助食品 の類は、口にしなくなりました。
調理器具では、プロセッサー類 も新たに、ニ機種を買い、全部で、四機種も揃えていました。
これは、ひととおり、使いました。プロセッサーは、必須でした。
ミンチ機も、買っていましたが、いまだに、使うときがありません。
また、お粥炊飯器 を二台、買って、職場と、自宅に置いておりました。
しかし、お粥は、どうも、よく咬めないし、のどにつかえてしまうので、出番は余りありませんでした。
もう、使うことは無い様に思います。
そんなで、食料関連では、無駄な買い物が多かったようです。
しかし、無駄になって、よかったと、思っております。

2010年06月17日

胃の無い生活、6ヶ月目 3回食は?

胃が無くなって、6ヶ月の生活を、何回かに分けて概括してみたいと思います。
趣味の、銀の彫金教室、延べ9時間かけて、こんな、蜘蛛のブローチを、まもなく完成です。何の苦痛も無く、何時間かの作業を行うことができるようになりました。
DSC05242.JPG 
また、食事も、こんな感じで、食べられます。
鶏胸肉のトマトソース煮込み、 と、ジャガイモ。
DSC05231.JPG
しかし、何度か3回食に挑戦しましたが、そのたびに、体重は減少します。
体重を増やそうと思えば、5回食にすれば、増加してきます。
現状の60キロを維持しようと思えば、4回食ということになります。
余分な間食は、バナナ、か、おにぎり で済ませています。
そんなで、食事には、そんなに気を使わないで、生活を送れるようになりました。
この頃は、食べ物が詰まったりする事もなくなり、食事を楽しむゆとりも出てきました。
当然のこと、調理することに、喜びも感じられるようになりました。
一人暮らしで、胃がなくても大丈夫との確信を得ています。
食べることが、行 のように感じていた頃が、遠い過去に思えます。

2010年06月16日

シャガ

? 318.jpg ? 319.jpg
シャガ という 花。
春に花を咲かせますが、宿根草です。
種や球根はなく、地下茎でのみ繁殖する、DNAの構造上、生物学的には三倍体といわれる植物です。
したがって、人里にのみ、成育し、花を咲かせます。山の中に、この花が咲いていれば、過去には、ここには人が住んでいた徴ともいわれます。
ネコ のように、人によって育てられないと、完全に自然の中で、繁殖と生育ができない植物です。
posted by syouryu at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑談休話

2010年06月15日

飼っていたネコのこと

? 462.jpg ? 391.jpg
飼っていた、愛猫。
爪とぎ の傍で、和んでいるところです。
次の写真は、家内の 初盆 で、仏壇の左横で、舌なめずり しているところで、拡大しないとわかりにくいのですが。
 結構、躾けていましたので、食卓の上や、キッチンには、立ち入らなかったものでした。
一度、仏壇の中がひっくり返っていたことがあったので、仏壇の中に、入ろうとしたものと思われました。
この写真を撮った、一年後には、一ヶ月ほどの闘病で、あっけなく亡くなりました。
亡くなるとは、思っていなかったので、自宅では、点滴をしたりして、薬を注射したりと、いたずらに延命させてしまった事を後悔しました。はじめは、やはり、痛かったのか、抵抗しておりましたが、そのうち、されるがままになり、オムツをしないといけないようになり、呼吸が乱れだし、やがて、止まりました。
前日には、獣医に連れて行き、血液検査では、腎不全、肝不全、貧血 と多臓器不全状態でした。職業的習性とは、恐ろしいもので、なんとか、助けなければと、考えていたのですが、当日になって、ようやく、ダメかもと。
父祖からの墓の、横に、穴を掘って埋めました。どういうわけか、その上に、彼岸花が、亡くなった頃にあわせて、咲くようになりました。
2006N0930091203b.jpg
posted by syouryu at 19:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 猫のこと

2010年06月14日

がやめばる

 

「がやめばる」 北海道で取れるメバルの一種。

どういうわけか、スーパーで、美味しそうに見えたので、買いました。

本来は、煮付け などに向いているらしい。

それでは、面白くないので、グリルについている、ダッチオーブン で みょうが を入れて、胡麻油 で焼いてみました。

初挑戦にしては、意外に、身もしまっていて、食べ応えがありました。

口にくわえているのは、ローズマリー。何料理だか分からなくなりましたが、美味しかったです。


DSC05226.JPG

そこで、今日の、夕食です。今日は、アルコールは抜き。

DSC05223.JPG

今日は、夜中に、サッカーの 日本 対 カメルーン 戦があるよう。

僕は、夜は、9時には、布団に入って寝る態勢に入るので、日常生活のリズムを維持するために、その時間は、就寝中です。

明日の朝に、結果が分かるのでしょう。

DSC03099.JPG tuika.JPG

posted by syouryu at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年06月13日

入梅

大阪も、今日から、入梅です。
 
手持ちの、菖蒲の写真をあげてみました。
 
DSC03379.JPG DSC03381.JPG DSC03368.JPG DSC03382.JPG
 

日曜日ですし、外は雨。出かけるのも、億劫なので、予定を変更して、イタリア料理 を作りました。
DSC05216.JPG DSC05220.JPG
白いお皿は、カリフラワー 、ブロッコリー と アスパラ の 白ワインビネガー の ソテー。
もうひとつの青いお皿は、鶏胸肉 の 赤ワイン と 赤ワインヴィネガー のソテー、ジャガイモ添え。
料理に使った赤ワインと、マリアージュ で、少々、飲みました。
ご飯を炊いていたのですが、お腹いっぱいで、食べれませんでした。
胃があれば、食べれたのに、残念ちっ(怒った顔)

ホンのすこし、自慢します。肉の乗った 青いお皿は、15年以上前から持っている、有田の青花 です。
posted by syouryu at 20:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の生活

民主党の巡礼?

G2.jpg G.jpg
http://illustmaker.abi-station.com/
での、無料の似顔絵イラストメーカー で、遊んでみました。
新聞は、自宅でも、職場でも、とっていないし、テレビは、アナログ受像機器 の調子がいまいちなので、ニュースは、もっぱら、インターネット でみています。
今日は、奇妙なニュースが・・・
民主党の 小沢前幹事長 が 熊野古道 をスーツ姿ではあるが、巡礼した という ニュース。
そういえば、民主党の 菅首相も、四国八十八カ所の 巡礼の途上でした。 
古来からの仏教的伝統によって、政治家も、過去の呪縛から 新たな再生を試みているのでしょう。
政治というのは、宗教的行為の対極のように思っておりましたし、それも、自民党 ではなく、民主党 であるという事に、違和感をいだきました。
また、マスコミ に取材させての巡礼は、いかがなものでしょうか。
僕は、アンチ自民党 なので、民主党に期待しているだけに、なをさら、宗教を利用しないで欲しかったとの思いがあります。
個人的には、両人ともに、期待しているのですが・・・
しかし、失意にあるときに、再生をめざすという、巡礼のもつ、日本的心情には、同感します。
posted by syouryu at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑談休話

2010年06月11日

鳩時計

僕の自宅には、鳩時計 があって、毎日、朝 5時 に規則正しく、ポッポ ポッポ と二羽で鳴くのです。
もう、寝不足が続いています。

鳩には、悪気は無いのでしょうが、ちょうど、寝室の前のベランダで、二羽が、じゃれあっているというか・・・

写真は、以前に、造られた 鳩の巣 と 鳩の卵 です。
DSC01627.JPG
いくら、いのちある者を大切に、といっても、鳩の卵は、除去しております。

猫がいなくなってからです、こうして、鳩が寄り付くようになったのは。
猫を飼って、このベランダに、猫用トイレ を置けば、鳩は、寄り付かなくなり、自然の はと時計 も、いなくなるように思っています。

真珠の玉を持つネコのブローチ
DSC05204.JPG
posted by syouryu at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年06月09日

五観の偈(ごかんのげ)

菖蒲 が咲き出しました。

DSC03376.JPG DSC03378.JPG 
禅宗の僧侶の食事作法で、食事の前に唱えられている、五観の偈(ごかんのげ)。

今、胃を全摘した僕も、倣ってみようと思います。

【五観の偈】

 一には功の多少を計(はか)り彼(か)の来処(らいしょ)を量(はか)る。
 二には己が徳行(とくぎょう)の全欠を忖(はか)つて供(く)に応(おう)ず。
 三には心を防ぎ過(とが)を離るることは貪等(とんとう)を宗(しゅう)とす。
 四には正に良薬を事とすることは形枯(ぎょうこ)を療(りょう)ぜんが為なり。
 五には成道(じょうどう)の為の故に今此(いまこ)の食(じき)を受く。


 【私の訳】
 一つに、この食事が、多くの命に支えられている事に思いをいたします。
 二つに、日々の行いが、それに、相応しいものであるかを反省します。
 三つに、心を正しく保ち、貪りの心を持たないことを誓います。


 四つに、この食事を、身心を癒す、良薬として頂きます。

 五つに、成道のために、今この食事を、頂きます。

posted by syouryu at 16:08| Comment(2) | TrackBack(0) | どう生きようか

2010年06月08日

サラバンドの挿木

薔薇の フランスでの改良種 である サラバンド の蜜をとる、ミツバチ
 
DSC05182.JPG  DSC05181.JPG 
薔薇のシーズンも終わり、公園では、薔薇の選定をしてました。
選定で、切られた、小枝をもらい、挿木 をしてみました。
DSC05189.JPG DSC05192.JPG
新芽が出て、サラバンドが、根付けば、差し上げますよ、 しずか さ〜ん。
posted by syouryu at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

ビールがおいしい

胃全摘して、まもなく6ヶ月になります。
このところ、暑くなって、ビールがおいしいです。
ビールは、もっぱら、モルツ生ビール(写真)を飲んでいます。
350ml 一缶 がおいしく飲める量です。
ビールなど、飲めるようになるのだろうかと、思うときもありました。
今は、ビールが、おいしく飲めることに、限りない満足感を味わっております。
DSC05188.JPG DSC05197.JPG
しかも、ビールのアテは、若鮎の天ぷらです。
もちろん、頭から、背骨、背びれ まで、全て、いただいております。
こんな食べ方も、できるようになり、ありがたい事です。
若鮎 10匹 を食べましたが、鮎の10匹の命を頂戴して、生かしてもらっていることに、深く感謝しております。
posted by syouryu at 19:37| Comment(4) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2010年06月07日

アイスクリーム

アジサイが、満開を迎えていますが、梅雨はまだのようです。


昨日は、暑かったので、夕食後に、アイスクリームを食べ過ぎました。
Lady Borden の大きいほうのを、半分ぐらいたべたかなァドコモ提供
やっぱりというか、当然というか、夜中に、お腹の調子が悪くなり、今日は、寝不足です。
アイスは、大好きなのですが、控えたほうがよさそう。


花と、雀 の写真 です。
DSC03471.JPGDSC03471.JPG


DSC03483.JPGDSC03483.JPG


DSC03416.JPGDSC03418.JPG

posted by syouryu at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | どうしてる?食事
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)