2010年11月30日

胃癌告知後一年

季節外れですが、スイフヨウ の花がピンク色です。

DSC06717.JPG


自宅から、朝日が昇る時。
DSC06680.JPG


胃病変の病理所見を、胃癌と聞いて、一年経ちました。

印環細胞を含む、未分化型腺癌 と聞いて、覚悟をしたものでした。

この一ヵ月後の、12月25日に、胃全摘術を受けました。
25日は、キリスト生誕の祝いですので、仏教徒の僕にとっては、何の意味もありませんでした。

キリストの生誕を、日本の人々が祝うことに、違和感がありました。

しかし、これからは、胃全摘の日として、記念日になりました。日本の、そして、世界の人々が、この日を、この胃全摘の成功を祝ってくれていると思うことにします。
posted by syouryu at 20:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 胃癌治療の経過

2010年11月28日

ラ・フランスのコンポート

圧力鍋で調理すると、柔らかく出来上がります。
胃全摘後の調理としては、消化によいように思えます。
胃全摘後の食事に関する書籍類でも、圧力鍋料理を推奨しているのは無いのはどうしてでしょう。

野菜や、果物は、料理本の二倍の時間をかければ、歯で咬まなくても、口に入れるだけで、とろけるような感じに仕上がります。

今日は、おやつに、ラ・フランスのコンポート に挑戦しました。

ラ・フランス の皮をむいて、
赤ワイン、バニラエッセンス、シナモンステイック、砂糖を入れて、6分間加圧。

DSC07227.JPG
 

出来上がりました。
DSC07231.JPG

咬む必要がないほどに、ラ・フランス がさらに柔らかく仕上がりました。
初めてにしては、上出来でした。
posted by syouryu at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2010年11月27日

大事なアナログテレビ

紅葉も散り初めてきました。
DSC06703.JPG
 DSC06722.JPG
20年来、使っている、アナログテレビ。
これで、十分なのですが、昨今は、デジタルが流行だそうで、来年の夏からは、アナログ放送は無くなるという。

しかたなく、家電量販店に見にいきました。

もう、まったく分かりません。
ハイビジョン、フルハイビジョン、プラズマ、LEDバックライト・・・・・どういう意味やねん。
しかも、付属品が、ラックシアター、サウンドボード、シアターバー、ブルーレイ・・・なんのこちゃ、説明してくれー。

ただ、分かった事は、32インチで、5万円前後、42インチで、10万円前後 という相場。
安いのか高いのか?

量販店のなかの喧騒は、異常事態を思わせます。こんな雰囲気の中では、買わないという結論に致しました。
この、今のテレビで十分です。ときどき、真っ暗になりますが、また、再生してますので。
来年夏以降は、テレビをみないという生活も良いかも知れません。

趣味の写真。デジタル一眼に代えるときは、1、2年 悩みましたし・・・・

デジタル時代に、ついて行けない・・・といいつつ、PCは、最先端をキープしていますが・・・・
posted by syouryu at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑談休話

2010年11月26日

ネコよりも先に死んだら?

白鳥は、寒さを、もろともせずに、泳いでいました。
DSC06332.JPG


長男からもらった、自然薯。季節のもので、好物なんです。
DSC07223.JPG

次男の りょう が、大阪に居る間に、長男夫婦が、しゃぶしゃぶ を ハ☆ジュウ でご馳走してくれました。
4人で、酒盛り といきたいところですが、酒を飲むのは、胃全摘をした僕だけふらふら

みんなは、しらふで、僕だけ、ほろ酔いちっ(怒った顔)

そんなときに、長男が、僕に聞きました。
「ネコより早く死んだら、ネコは、どうするねん?」

誰もが、不安に思っているけれども、誰も、聞いてこなかった質問です。

勿論のこと、即答しましたョ〜。

「ネコの面倒を、このまま見てくれる人に、自宅を、遺贈するつもりやけど。」

長男が、「そやろうなア、それで、ええんちゃうか」 で、話しは終わりました。
でも、僕の頭の中には、思いつく人は、見当たりませんもうやだ〜(悲しい顔)
posted by syouryu at 15:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 猫のこと

2010年11月25日

朝日を観る

久しぶりに、自宅から、朝日を観ました。

DSC06606.jpg


紅葉もきれいに見えます。自宅からは、季節の移り変わりが 良く分かります。

DSC06613.jpg

クリニックのヒイラギに、花が咲いています。いいにおいが漂っています。
今年は、例年よりも良く咲いています。

DSC06617.jpg

息子の りょう が、一週間の間、滞在していて、帰ったあとは、猫たちも、ゆっくり休んでいます。
ホッとしていると思います。僕も、猫たちに、何事もなくって、ホッとしています。

DSC06586.JPG

ハロン と グリ は、amazon  と joshin を利用して、和んでいました。

ネコ部屋 は、閑散として、きれいなものです。
写真を撮りに入りましたら、やまと がついて来て、定位置にポーズを取ってくれました。
やまと は、この位置から、床まで、ハイジャンプ をするのを楽しんでいます。

DSC06552.jpg
posted by syouryu at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年11月22日

紫蘇の花

今年は、ベランダで栽培している紫蘇が茂りすぎるぐらいに大きく育ちました。
しかし、花がまったく咲きません。ということは、種もとれない状態。
天候異変のせいでしょうか。

しかし、公園の シソ科植物 の花は、良く咲いています。

DSC06010.JPG 
 
DSC06008.JPG 

DSC06017.JPG


猫はといえば、息子が居ても、マイペース で暮らしています。

DSC05798.JPG

息子と猫は、同じ夜行性ですので、僕の知らなかった猫の夜の行動が分かりました。

廊下を、3匹で全力疾走するようです。 リビングと廊下の、猫扉 を ホップ ステップ ジャンプ と飛び抜けて 遊んでいるとか。

また、グリ と ハロン が ふざけているのか 大喧嘩して、ハロンが グリ の のどを咬み、グリは 気絶しているように見えたとのこと。思わず、止めに入ったそうです。

また、キッチンと食卓の上には、僕の前では、乗らないのですが、息子の前では、お構いなしだそうです。

まあ、元気なのは、良いことなので・・・・・
posted by syouryu at 15:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年11月21日

河野りょう 2010ツアー 終了

河野りょう TOUR2010 この先に見えるもの

11月19日 大阪での ワンマンライブ を最後に、終了しました。

みなさん 有難うございました。
とりわけ、大阪ライブに来ていただいた方々には、感謝いたします。
70名弱ぐらいで、会場は、ほぼ満員状態で、ありがたいことでした。
東京を活動拠点にしている りょう にとっては、アウェイ でのよい経験になったことでしょう。

初めてライブに来たという方が、半数かなと言う感じでしょうか。
河野りょう はライブで聴かないと、よさが判らないと思います。

大阪でのライブ映像を挙げておきました。

DSC06476.JPG
 
 DSC06367.JPG 
DSC06544.JPG

奇しくも、一年前の今日は、吐血して入院していた。
今日という日を、迎えられたことに、改めて、思いをいたしています、
胃全摘後の 僕自身の再生は、叶ったと、猫たちと りょう を看ていて確信しました。
posted by syouryu at 11:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年11月19日

体重減少?

このごろは、人様から、痩せましたたねぇ といわれる事が、良くあります。 

胃全摘してから、11ヶ月が経つというのに、今頃になって指摘されるというのも不思議です。
体型が 固まってきたということでしょうか。
たしかに、がむしゃらに、無理をしてでも食べるということが無くなりました。

息子が来て、部屋の臭いをたずねてみました。
猫の臭い は、しない、が、便所の臭いはする、とのこと。
便性は、もう元には戻らないのだろうか?

胃癌がわかってから、入院前、去年の12月に、クリスマスツリー様に、水を弾いていた噴水ですが、
DSC02090.JPG

昨日は、この噴水に、虹ができていました。

 DSC06323.JPG

紅葉も、今が盛りでしょうか。
去年は、この紅葉を、どんな思いでみていたのか、すっかり忘れてしまっています。わーい(嬉しい顔)

DSC06312.JPG
posted by syouryu at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 胃癌治療の経過

2010年11月17日

今日から、息子が泊まります

今日から、息子 が泊まりにきます。

今日の FMサウンドポケットなみはや の出演のため と19日の 南堀江での ライブ のため。

猫たちがどう反応するか、楽しみでもあり、不安でもあります。

僕という人間は、毎日、また どの部屋でも、同一人物だと認識できてきた様です。
こいつは、誰やろうか、しばらく、身構えながら考えるということがなくなってきました。
そこで、他の人間が加わったら、区別が付けれるのかどうか?

このごろは、リビングの食卓椅子まで、占領されています。僕が立った直後に、温かいからでしょうか、座っていたりします。

tukuenosiat.jpg


食事は、相変わらず、やまと と グリ が、真っ先。 ハロンが出遅れるので、二匹から、さがった位置で、与えています。
でも、写真では、やまと は 完食して、ハロン のを、窺っています。
DSC07170.JPG
posted by syouryu at 16:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年11月15日

圧力鍋料理 第二弾

圧力鍋 料理 第二弾は、

ひよこ豆 と 鶏肉 のトマト煮込み

骨付き鶏肉 と 子たまねぎ
に、ニンニク を加えて、炒めます。

鶏肉に 焼き色がついたところで、

一晩、水につけた ひよこ豆
ホールトマト缶詰
マッシュルーム
チキンスープ

を加えて、

DSC07183.JPG

圧力鍋で、7分間。出来上がり・・・
DSC07186.JPG

簡単にできました。

ところで、大阪 南堀江  knave で、
河野りょう ライブ が、今週の金曜日19日に迫ってきました。

その前に、

2010年11月17日(水) にFMに出演です。

 よろしければ、聞いてやってください。
posted by syouryu at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2010年11月14日

我が家のエンジェルマーク

黒猫の腹部にある、白毛 を エンジェルマーク といっています。

古くは、ヨーロッパで、黒猫を、魔女の侍従 とみなして、殺していた時代でも、エンジェルマークがあれば、難を逃れていたようです。

我が家の、黒猫たちの エンジェルマークを まとめて、お見せいたします。

ハロン母さん のエンジェルマーク。

DSC05617.jpg


ちょうど、白毛が左右に分かれて、天使が羽を拡げているように見えます。
大天使の降臨かもしれませんわーい(嬉しい顔)。 本人は、爆睡ですが・・・

DSC06097.JPG

次は、ハロンの娘の グリ のエンジェルマーク。
ハロン とは、ちがって、逆三角形 ですので、腹ばいの姿勢では、見えません。
この子は、両脇の胸部にも 白毛 があります。
エンジェルマークというよりも、ビキニスタイルの水着 という感じです。
DSC06193.jpg

あと、エンジェルマークのない 二人。お見苦しいので、腹部は写しておりません。
パジャマを着て、やまと を、あやしているところ。
自分でも、どういう態勢で写真を撮ったのか、定かではありませんが、やまと は確実に、カメラ目線です。

DSC06250.jpg
posted by syouryu at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと

2010年11月12日

先代ネコのこと

「チロ愛死」に触発されて、先代ネコのこと・・・

先代のネコは、茶トラの野良出身で、庭で生まれて育っていましたが、兄弟姉妹が、庭から巣立っていくのに、一人取り残されてしまいました。
気の弱い、臆病なネコで、こちらが用意したものしか食べていない状態でした。 一人にすると、飢え死にしそう。
で、こちらは、猫の生まれた庭付家屋から、引っ越すこと、3回。 しかし、親猫に教育されたのでしょうか、ヒトにも懐きませんでした。
捕獲しては、脱走されを繰り返し、引っ越すたびに、連れて行くために、捕獲すること3回に及びました。

最後の捕獲は、夜食を家内と食べながら、外で、やってくるのを待つという状態でした。野生動物捕獲用のケージを用意し、中に、鯵を一匹つるして、待っていたものです。

マンションに引っ越してからは、脱走が不可能になって、ようやく諦めたのか、懐いてきました。

画像 463.jpg

猫後天性免疫不全症候群 を発症したのが、家内が亡くなって、1,2ヵ月後。
亡くなる、10ヶ月ほど前には、まだ、机の上に飛び乗ることはできましたが、カリカリは食べられず、どんどん痩せてきていました。

DSC01225.JPG

亡くなる4ヶ月前になると、ステロイドにも、反応しなくなり、毛つくろいもできなくなってきました。


最後の一週間ほどは、寝たきりになって、オムツをしてましたが、目は、何を見ているのか、見開いていました。
2007.08-- 003.jpg
享年 5歳。


レインボーローズの花 で荘厳しておきます。
DSC00516.JPG
posted by syouryu at 16:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 猫のこと

2010年11月11日

「チロ愛死」

ブログでも、猫を取り上げることが多くなるので、猫 の写真の撮り方について、すこし、学んでみようと思い立ちました。

そこで、めぐり合った 写真本 「チロ愛死  荒木経惟」 。
51F1XfKZb6L._SL500_AA300_[1].jpeg

この本は、2009年11月30日から、2010年5月5日の間に、天才アラーキーが撮った100枚を超える、撮影日時の入った、写真から成っています。
最後に、一言の例外、「チロはAの愛人生、ずーっと。」 を除いて文章は入っていません。

そのうち、肝腎の 愛猫チロ の写真は、50枚もありません。
チロ が亡くなったのが、2010年3月3日ですから、それ以降の撮られた写真は、30枚の夕日を中心とした、自宅から撮った 空。 
女性よりも、花よりも、チロ の方が美しいというのでしょうか、チロ の写真の間に入るのは、裸身の女性像と花々の写真。

こういう猫の写真の撮り方と公表の仕方があるのですねぇ。
文章がなくとも、アラーキー と チロ とは、動物種 を超えた愛が成立していたことが分かります。

猫好き というのではなく、チロ との、個人的な、愛情物語 という感じでしょうか。

猫は、可愛く、人工的に写真を撮るのでなく、撮る人と猫との間に通う情感を、そのまま、真実として、写せば良いと理解しました。

猫好きの人には、必見でしょう。

ただ、猫以外にも、妻の納棺を公表しているのは、賛否両論があろうかと。

実は、妻の亡骸と納棺の経緯を、僕も、記録に残しています。しかし、僕の場合は、隠れて撮っていますし、公表するなどということは考えられません。
写真家なら、世間の評判を気にせずに、公表できるのかと、羨ましくも思いました。

猫の写真なら、僕でも、公表できるので、何枚かを、明日にでも、アップしてみようと思い立ちました。
posted by syouryu at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2010年11月10日

「入門腫瘍内科学」モノローグ

DSC05596.JPG

昨日、紹介した 「入門腫瘍内科学」、癌に関する基本的な医学常識を再確認するするのに良かったでした。

家内が、乳がんで亡くなった直後に、乳がん や そのほかの癌に関する医学書は、胃癌関連書も含めて、殆ど捨ててしまいました。

それで、胃癌になって、胃癌の治療に関する医学書は、あらためて買って読んだのですが・・・
癌全般 について、最近の医学常識について、勉強をしたくなったと云うわけです。

癌に関する話題を、感情移入することなく、医学情報として接する事ができるようになって来たのだと、あらためて、感じたことでした。
posted by syouryu at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑談休話

2010年11月09日

「入門腫瘍内科学」

癌と肉腫を総合して、この本では、悪性腫瘍 として取り扱っています。
515TCUcfmrL._SL500_AA300_[1].jpeg

悪性腫瘍 といえば、従来は、食道、胃、大腸、肝臓 などと、臓器別に記述されてきました。
21世紀になって、癌の薬物療法が、従来の化学療法の範囲を超えて進展してきました。そこで、臓器別の治療ではなく、腫瘍学として、横断的な治療法が確立される必要が出てきました。そこで、腫瘍内科学という臨床医学が生まれてきました。

この本は、日本臨床腫瘍学会が、腫瘍内科学の入門編として、作成したものです。医学生が対象ですが、関心のある、一般の方でも、読めるところも多いと思います。また、一般の方が、癌について基礎的なことから学ぶにも、よいように思います。患者が、治療方針を自己決定するにせよ、セカンド・オピニオン を求めるにしても、目先の目標のみに拘泥しても、最良な選択ができるようにも思えません。現代医学の到達している、腫瘍学の進歩の領域と限界について、知って初めて、自己決定が可能なように思えます。

執筆者には,全国の腫瘍内科学講座あるいは大学病院で,がんの診療・教育・研究に携わっている先生方にお願いしました、というだけあって、腫瘍学全般についてもれなく記載されています。その反面、記述の水準が一定でなく、医学部学生に理解できなさそうな記述もあって、もっと平易に書けないのかと思う章も散見されます。

医者になるならば、最低限、身につけておかなければならない内容、という触れ込みです。
医療の専門家でない人も、知っておいてよい内容だと思います。
医学書にしては、破格の値段設定ですし、癌や肉腫に興味のある人にもお奨めです。

今日の猫の様子は、
ぶら下がった、ネズミのおもちゃ、で、仲良く遊んでいます。
DSC06135のコピー.jpg
posted by syouryu at 20:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 晴耕雨読

2010年11月07日

スタールビーのブローチ

ベトナム旅行で買ってきた、スタールビーは、2個あります。

ひとつは、すでに、指輪にしてましたが、もう一つは、ブローチにしました。
男性用のブローチにしては、かなり、派手になりました。
DSC07122.jpg

しかし、ルビーは、思っていたよりも、綺麗ですね。

りょう のライブには、これを付けて行こ〜


一方、猫たちは、ベランダ側で陽を浴びながら、並んで、お昼寝してました。

DSC06173.jpg
posted by syouryu at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2010年11月06日

圧力鍋を買った

いままで、使ったこと無かった 圧力鍋。
一人前でも使えるような、小型もあったのですね。
2.5L の一番小さいのを買いました。 料理は、調理器のよしあしで決まる、と考えていますので・・・
思い切って買いました、フィスラー。

DSC07156.JPG


まず、初日は、ポトフ に挑戦しました。
まずは、ブーケガルニ と 肉を 煮込みます。
DSC07151.JPG

野菜を入れて、さらに、煮込んで、完成です。
DSC07158.JPG

盛り付けて、食べてみますと・・・・野菜もお肉も 柔らかい
DSC07162.JPG

これは、胃全摘後の食事としては、消化に、とってもよいように思えます。
もっと煮込めば、歯で噛み切る必要もないくらいに柔らかくできそうです。


ところで、僕は、嫁が生きている間は、亭主関白で、料理など、自宅で造るということは、ほとんどありませんでした。
家内が、末期に、カレイの煮込み を食べたいといっても、自分で作れず、買いにいったものでした。

家内が、亡くなってから、家内の通っていた料理教室にいって、いちから料理を教えてもらいました。
食事は、自宅でするという生活スタイルでしたので、外食せずに、暮らすことができました。

そして、料理ができなければ、胃全摘後は、生きていけなかったと思います。外食は、胃全摘直後には、無理でしたから。
posted by syouryu at 21:11| Comment(3) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2010年11月05日

トイレの消臭

胃全摘後の 大のほう は、消化が不完全ですので、かなりの悪臭になります。また、未消化の脂肪がおおいので、便器に付着し、悪臭、不潔と汚れの原因になります。

これに対処するのために、今は、こうしています。

まず、ことの前後において、毎回、トイレ消臭・洗浄スプレー(商品名 トイレ マジックリン) を便器の中に数回、スプレーします。
それでも、すぐに、黄ばんできますので、2,3日に一度は、便器内を掃除します。
一人で居るときは、トイレ用空気清浄機 を朝、晩に使用します。来客時には、継続して使用します。

まあ、これぐらいですと、臭いは気にならなくなりそうに思います。

家内が生きているときは、冷蔵庫内の賞味期限切れの臭いを嗅ぐのが務めでしたから、臭いに敏感なのかもしれません。
自分では、決して、臭いに関して、神経質な方ではないと思っているのですが・・・

話題が、ビロウでしたので、あとは、純白のバラの花で飾ります。

DSC05974.JPG
 DSC05951.JPG DSC05917.JPG DSC05916.JPG DSC05918.JPG DSC05934.JPG 
DSC05894.JPG
posted by syouryu at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 胃切除後のトラブル

2010年11月03日

バラとミツバチ

秋は、いま、楽しまなければ、すぐに冬になるような・・・
しかし、本格的な紅葉は、いまだ、訪れていません。

昨年の今日でしたね、記憶に間違いがなければ。
胃癌健診してもらったのは。
今があるのは、多くの人からのヘルプがあったからと思います。
自分の努力は、その基盤のうえでの事。

空は、完全に 秋 真っ只中です。

DSC05856.JPG


DSC06025.JPG

バラの花も、今が盛り。

バラの花とミツバチ 四様
DSC05927.JPG 

DSC05993.JPG 

DSC05998.JPG 
 
DSC05965.JPG

そこで、気づいたのですが、バラのハチミツ って、どこかにないのでしょうか?

バラ も ミツバチ も、生命のエネルギー に満ちています。このエネルギーがなければ、僕らも生きてはいません。

でも、エネルギー の本態とは、何かは、現代物理学でも医学でも、解明されていないのです。
解明の対象というより、宇宙からの所与のものという前提で、科学が成立しています。
posted by syouryu at 17:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 閑談休話

2010年11月02日

黒猫がやって来て2ヶ月

胃癌の快気祝いは、ベトナム旅行でした。
スタッフとともにベトナムから9月4日に帰ってきて、5日に黒猫たちがやってきました。

2ヶ月経って、いまは、リビングで、皆で、一緒に、お昼寝をするまでになりました。
猫部屋は、ほとんど、猫トイレルーム、状態です。

グリは、また、ちょっと、肥ったように思えます。
手招きをすると、考えるようなそぶりで、目線が合います。

DSC07082.jpg

この子は、やはり、好物のハナガツオを差し出すまで、傍に来ませんでした。
どうしても、肥ってきます・・・・・
DSC07081.jpg

ハロン母さんは、呼びかけると、「ナニカ用ドスカ〜」 とこちらをみやり、
DSC07083.jpg

手先の匂いをかぎに来て、ヒゲが、手に触るほどに近づいてきます。
しかし、こちらから、触ると、逃げます。
DSC07084.jpg

ハロンは、人に馴れずに、保護されたケージから、何ヶ月も出れなかった子、イヤ 母です。
ここに来てからも、籐の化粧箱に籠もっていました。
心配してましたが、僕には関心があるようで、リビングでも、寝室でも、逃げずに、僕と二人で過ごすことがあります。
頭を撫でれるのも、時間の問題でしょう。

やまと は、このようです。ゴロゴロ いっています。
DSC07094.jpg
posted by syouryu at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)