2011年04月30日

舌平目

今日は、舌平目 を ソテー と思いましたが、気が変わって、焼き魚にしました。

魚の骨をむしるのが、苦手で、どうしても、身を取り残してしまいます。
僕は、一人っ子なのですが、聞いてみると、一人っ子の人は、どの人も、魚の骨をむしりながら食べるという事が苦手なようです。
親が、むしってくれていたのでしょう。

食べ残した部分は、猫が食べつくしてくれました。
そこで、残った、舌平目の頭と骨。
DSC09470.JPG

猫は、頭と、骨は、食べないようです。
鮎でも、骨は食べませんねえ。

ハロン は、相変わらず、テレビ が好きで、観賞しています。
ハロン のために、デジタルを買おうかなと、ときどき考えます。
DSC09477.JPG

DSC09480.JPG

でも、猫の視力は、人間とは違うので、デジタルが見えるのでしょうか。
高速運動をしている物体への視力は、優れていますが、静止画像は、よく見えていないようですし。
暗い時も、明るい時も、見えている状態に変化は無いようです。したがって、精密に細かく見えているのではなさそう。

猫にとって、僕だと認識しているのは、視力でではなくって、臭いでという気がします。
まず、人間とは、分かるようで、まずは、誰かなあ〜 、と 胡散臭そうに、見ながら、鼻をピクピクさせています。
DSC09461.JPG
posted by syouryu at 23:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年04月29日

猫シッター と面接

紅白の桃の花。 遅咲きです。
DSC09252.JPG


テントウムシ にも、春でしょうか。
DSC08382.JPG

ボルネオ旅行に備えて、猫シッター をお願いしました。
先代の猫で、お世話になっていた方です。
僕は、馴染みですが、黒猫にとっては、初対面。
普段は、使わない 猫部屋 に逃げ込んでいました。

面接のあとで、くつろぐ三匹達。
DSC09453.JPG

このごろは、和室 と 押入れ の襖を、開けることを覚えました。
3匹で、押入れの中で、バタバタ しています。
誰が、開けるのだろうかは、分かりません。
やまと は、うまく開けられないのでしょう。襖の前で、ごしごし しています。
グリ は、襖のまえで、ジー としています。
知らんぷりしている、ハロン が一番あやしい。

posted by syouryu at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年04月26日

内視鏡的粘膜下層剥離術

今朝、ツバメが、ベランダの前を飛んでいました。
ツバメが、帰っくる季節が、巡ってきました。
DSC09439.jpg



きょうは、大腸内視鏡検査を受けてきました。

昨年の、9月での、内視鏡検査で、グレード3 の結腸ポリープ があったもので。
半年経過して、ポリープ摘出のつもりで、検査を受けました。

半年経過すると、大きくなるものです。
2センチほどの、クリッとした、ポリープに成長しておりました。
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) にて、摘出。
写真は、もらうのを忘れました。なにせ、鎮静剤で、ボーとしておりましたので。
ESDは、早期大腸癌に対する手法ですが、もう、早期大腸癌であったとしても、動じません。

6月の旅行前に施行して、よかったです。旅行中に、出血していれば、大騒ぎでしたでしょうから。
posted by syouryu at 22:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の生活

2011年04月25日

原子力発電の電気は使わない、買わない

黒いチューリップ
DSC09332.JPG


今だから、記事にかけますが・・・

3月14日の 福島第一原発3号機 の爆発は、そりゃ〜 驚きましたねー。
1号機の爆発とは違って、この、爆発している映像は、迫力がありすぎでした。
images[6].jpeg  P8ZCAJPEQMZCA5I1DFICA7QIBZ8CABXD7GACARFLEWZCA9PQL8RCA8NMD16CAD7TNBACAHNZ6EVCAR14W7LCARXUMGACA34GYZ7CA3R5VXSCAUKZST2CACHIYKECA37PZ9SCASL2P4CCAERETQG.jpeg

核爆発かと、思うような、すさまじさがありました。
公式には、水素爆発 と発表されています。
後日に、調査の結果、修正されるかもしれません。

爆発後の、3号機。真ん中の 骨組みがあらわになって、煙を出している 廃墟に見えるのが、それです。

正直、東日本が 放射能汚染されたかと、思いました。

全国民が平静に保てたのは、政府の、とりわけ、枝野官房長官の差配が奏功したのでしょう。

そこで、原子力発電に、反対する有効な方法について考えていました。
まずは、原子力発電された電力は、使わない、買わない ということかなと。

方法は二つ。
ひとつは、自家発電する。
もう一つは、大阪なら、関西電力 から電気を買わない。

自家発電で、一般家庭でも実現可能な方法は、ソーラー発電 と 家庭用燃料電池。
どちらも、初期投資が必要ですが、いずれも複数メーカーが扱っています。これは、決断すれば、即、実行できます。
しかも、かなりの補助金も付きます。

電力を自由に購入する、電力自由化は、2007年から進んでいません。
一般家庭では、まだ、電力会社を選べません。しかし、いずれ、数年先には、電力自由化 が達成されて、原子力発電している会社、天然ガス発電の、あるいは、太陽光や風力発電の会社と、選ぶことができるでしょう。すでに、大規模事業所では、電力自由化は進んでいますし。

原子力発電に固執する関西電力から、電力を買わなくてもよいようになるのも、時間の問題です。

2011年04月24日

傷口が痛む

自宅からみる公園の木々は、すっかり緑になりました。
これから、ゴールデンウイークにかけて、ますます緑が豊かに深くなってきます。
DSC09435.JPG


胃全摘して、一年以上経ちましたが、このごろ、傷口が痛みます。
つるというのでしょうか、固まるというのでしょうか、背中にもひびきます。
それで、肩こりがひどくなりました。

まあ、この頃は、手術直後ほどにも、体を動かしませんし。

家内が亡くなって、5月で、5年になります。
これまで、遺していったものについては、そのまま、置いてきました。
ようやく、捨てていこうかと、思いたって、実行しています。
今日は、遺していって、そのままにしていた本箱ほどの書類棚を整理してみました。

電気ガス料金表が出てきましたが、二人と猫一匹で生活していたころの方が、今の一人三匹よりも、かなり安く済んでいました。
今の生活のほうが、電気ガスを使っているのが不思議です。
posted by syouryu at 20:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 胃切除後のトラブル

2011年04月22日

菩提樹

DSC08367.jpg

菩提樹 の葉を、金銀の地金で、造ってみました。
釈迦がその下で悟りを開いたと 伝承されている菩提樹。
その葉は、先が尻尾のように尖っています。

ところで、急なのですが、5月の末から6月に、ボルネオ に行くことに決めました。
ボルネオ では、森の人 オランウータン に会えるのが楽しみです。
h_266[1].jpeg

仕事の都合を付けて、猫シッターにお願いしてと、バタバタしてます。
胃全摘から、16ヶ月目、二度目の海外旅行になります。
ボルネオ は、はじめてなので、緊張しています。

今回は、看護師 と 医者 付きの予定です。
もちろん、飲料水は持参しますが、点滴も持参したほうがよさそう。
日本にいるよりは、安全なような気もします。
追記しました
posted by syouryu at 19:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の生活

2011年04月21日

西洋料理に挑戦

ライラック の花、良いにおいがします。

DSC09303.JPG

フランス料理 と イタリア料理、通信教育を受けます。
まず、送られてきた プロのための・・・・ と、DVD。
DSC08357.JPG

いろいろと、料理のレパートリー を増やすのが、胃全摘後の食生活に必要かなと思います。

今日は、ぐれ の ロースト、に バジルとシェリー酒 のソースかけ、菜の花添え。
DSC08361.JPG
フランス料理っぽく、なっています。
posted by syouryu at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2011年04月19日

生きる喜び

著作権に抵触しているのかも・・

「タイス の瞑想曲」
古典曲に、本田美奈子 が作詞し、歌っています。

最近は、この唄声を聞いています。

「生きる喜びを忘れないで」 と・・・

自宅からの夕日。WTC が見えます。
DSC09385.JPG

やまと に枕にされている、ダメ本。
DSC09428.JPG

posted by syouryu at 20:43| Comment(1) | TrackBack(0) | どう生きようか

2011年04月18日

晩御飯は、鮎

今日の晩御飯は、鮎。

一人一猫、一匹づつ。塩焼きしているのが、僕の分。
DSC08346.JPG


猫たちも、鮎は、喜んで、食べています。

お昼寝中の猫、好きな格好をしています。
DSC09418.JPG
DSC09412.JPGDSC09394.JPG

仲良しにしているかと思うと、やまと は また、グリ に ちょっかいを出しています。
防戦する、グリ。

DSC09405.JPG
posted by syouryu at 20:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年04月17日

骨代謝障害

胃全摘の場合、半数以上が、骨代謝障害がみられるという。

胃全摘後の長期生存者が多くなってきているので、最近になって、わかってきたこと。

腰背部痛などの症状が出ていなくとも、手術して2年後からは、骨塩定量による骨評価が必要だそうだ。

その病態は、骨軟化症と骨粗鬆症で、カルシウム 、ビタミンD の吸収障害によっておこっている。

その予防は、カルシウム と ビタミンD の摂取量を増やすという事。
僕のように、牛乳が嫌いとかで、食事で、増やせないときは、薬物による投与を考えた方がよさそう。

もちろん、普段から、運動して、骨を鍛えることも必要ですが、このごろは、動かさなくなってきているなあ。

物忘れもひどくなってきているので、イチョウ葉エキス とともに、サプリ も考えようかなと思うこの頃です。


チューリップ が満開ですね。

DSC09326.jpg


DSC09327.jpg
posted by syouryu at 21:26| Comment(9) | TrackBack(0) | 胃切除後のトラブル

2011年04月15日

胃癌の化学療法

久しぶりの 胃癌 ネタ で。

今年の3月に開催された、第83回日本胃癌学会総会。

学会の内容が、公表されています。
興味がある方、向けです。ちょっと、専門的です。
当然ですね、医者向けですから・・・

胃癌学会総会スペシャルサイト
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/gakkai/sp/jgca2011/

のなかの

日本の胃癌化学療法の向かうところ
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/gakkai/sp/jgca2011/

術後の再発後はS-1投与で予後改善の傾向
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/sp/jgca2011/201103/518750.html

いつの間にか、チューリップ の季節が来ていました。
DSC09332.JPG

DSC09334.JPG
posted by syouryu at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃癌について

2011年04月14日

大阪の原子力事業所

大阪にも、原子力事業所は存在します。

二か所は、大学の研究目的の原子炉

京都大学原子炉実験所 熊取町
近畿大学原子力研究所 東大阪市

もう一か所は、調べてみて、はじめて知りました。

原子燃料工業株式会社 熊取町

なんと、ここでは、1974年から、ウラン核燃料が製造され、関西電力原子力発電所などに、搬入されています。
ウラン核燃料棒 というのが、こんな、人口密集地で造られていたのですね。驚きました。

ここから、若狭湾まで、陸上輸送するんですか〜。
 
核分裂し、半減期が8億年とされる ウラン235 が、町のなかに存在しているということです。
原子力安全協定を、熊取町、泉佐野市、貝塚市 と締結しているそうです。
また、万が一、原子力災害が発生した場合に備え、法令により原子力事業者防災業務計画を定め、年1回定期的に見直し(修正)を行っています、と明記していました。
IAEA の 査察も受けていました。

ウラン235 の半減期が8億年 で、気付いたのですが・・・
人類が誕生するのが、8億年後 だったら、原子力発電 も不可能だったという事でしょうか。
そうでなかった、ということに、人類の宿命を感じます。

しだれ桜 は、今が、満開。
DSC09310.JPG

サクラに 月の影
DSC09324.JPG

今年は、ボタン が咲くのが早すぎです
例年は、5月 ですが・・・・

DSC09296.JPG

DSC09304.JPG

2011年04月13日

グリ も相変わらず

グリ は、チョコレート事件 以後も、何でも食べています。

グリ も、母猫 ハロン に甘えています。
DSC09248.JPG

ベランダの キャットニップ株 の臭いを嗅いでいる グリ
DSC09208.JPG

3匹で、ベッドを占拠中。一番手前が グリ 真ん中が ハロン
奥に やまと
DSC08323.jpg

介護用ベッド なので、普通のシングルサイズよりも、一回り小さく、3匹で イッパイです。
僕は、ここに、体を折って寝ています。
ハロン は足を、やまと は手を 噛みます。
グリ だけは、どこも噛まずにいてくれます。
posted by syouryu at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年04月12日

低濃度放射能の慢性障害

今日、管首相 が、震災一カ月目にあたり、今後の基本的施政方針を述べました。
「第一に、自然災害に強い、 第二に、地球環境と調和する、 第三に、人にやさしい 社会を目指す」

なかなか、良いんじゃないでしょうか。

日本の原子力政策を見直すという意味に理解しました。
しかし、マスコミでは、こうした見解は、紹介されないのでしょう。
マスコミは、枝葉を穿りますが、基本は無視します。

とうとう、 福島原発事故が、国際評価尺度で、レベル7「深刻な事故」に評価が変わりました。

放射能による、人体の急性障害 が、広範に起こってはいません。
しかし、まだ、原発から、放射能が、引き続き排出されています。

したがって、自然外の放射能を、低濃度に長期間にわたって浴びればどうなるかという事が問題となってきます。

基準値とかが云われていますが、これが、医学的に決まったものではなく、行政的基準です。

どうなるかは、医学的仮説です。 

仮説は、いろいろありますが、代表的なのが

仮説1. 低濃度の放射線ほど、浴びれば浴びるほど、障害も多くなる
仮説2. 僅かの放射能なら、かえって、免疫機能やDNA修復機能が亢進して、健康に良い

というものです。

放射能の急性障害については、広島、長崎で、かなり解りました。
今度は、福島原発事故で、低濃度の慢性障害の治験が、何十年にわたって、集積されていくでしょう。

日本は、急性障害と慢性障害の、両方の人体実験の場となりました。
悲しいことに、これが、日本人の世界史的な貢献となるでしょう。

スモモ の花 、桜に劣らずきれいです

DSC09124.JPG






2011年04月11日

長男は甘えん坊

我が家の 甘えん坊 やまと

僕が居ると、いつも 傍によってくるか、膝の上に、座ります。
DSC08951.JPG


邪険にしていると、母猫 の ハロン に甘えています。
やまと は、ハロン よりも、一回りはでかいのに・・
ハロン も迷惑顔 です
DSC08343.jpg

イロハモミジ の新芽、紅色です。
DSC09075.JPG
posted by syouryu at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年04月10日

「逝きし世の面影」

「逝きし世の面影」

51MQ9F98Q6L._SS500_[1].jpg



この本は、江戸後期に日本を訪れた外国人の旅行記を引用して、当時の日本の人々の暮らし、営み、自然や他の生物との関係について、語っています。

その文明が、明治維新による、西欧化工業化によって、日本人自身の手で、葬り去られていったことを記しています。

単なる復古主義や日本主義では無いことを証明するために、ものすごく大部な書物になっています。引用書籍も、英文も含めて二百冊に及ぶのではないだろうか。

日本に来るためには、中国をはじめ、多くの他国を経めぐってきたのであり、日本だけしか見たうえでの、見聞記録ではないことは当然です。
明治の知識人や権力者によって踏みにじられた、この逝きし輝きに満ちた日本文明 を、西欧文明を持ち込んだ当の異邦人たちは、次のように書き記しています。

「妖精の住む小さくてかわいらしい不思議の国」
「この小さな社会の、一見して人づき合いのよさと幸せな様子」
「素朴で絵のように美しい国」
「かつて人の手によって乱されたことにない天外の美」
「地上で天国あるいは極楽に最も近づいている国」
「各人が全く幸福で満足していることは、驚くべき事実」
「庶民の識字率も高く、庶民文化も栄え、人々は貧しいながらも明るく、人が良く、大人も子供も躾が良く、自然豊かで、自給自足でき、ある程度の人々は満足していた。」

とくに東北地方を旅した英国人女性の記録、「日本奥地紀行」 では、外国人女性が一人でも安心して旅行できる国だと、絶賛している。 そこには、貧しく困窮した、東北のイメージは、まったくない。

江戸時代の幕末期が、過酷な専制政治のもとで困窮の極みに達していたというのは、維新政府によってつくりあげられた虚構であると確信させてくれる。
これらの、異邦人の見かたを、痛切に批判したのは、当の明治時代の日本人であったという事実にも驚愕させられるのです。

ここに描かれているのは、日本の近代化とともに滅び去った、日本人が忘れてしまっていた高度な文明の姿でもある。

一週間前の水仙 の 姿
DSC08274.JPG

DSC08280.JPG
posted by syouryu at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 晴耕雨読

2011年04月08日

豊かな江戸時代


日本橋2.jpg2011年04月08日14時01分50秒.jpg
1999年にドイツで再発見された 日本橋の賑わう様子を描いた絵図。
クリック すると、拡大します

問屋街、蔵屋敷 の建造物
物資を運搬する船
魚屋、僧侶、武士、駕籠屋、貸し本屋、行商人、着流しの女性 など、さまざまな人々

これは、江戸での都市庶民を描いたもの。
中世の世で、これほど、物質的にも精神的にも豊かな社会が、世界のどこにあったろうか?

次は、文章で取り上げられた、江戸時代 について・・・

posted by syouryu at 14:27| Comment(1) | TrackBack(0) | どう生きようか

2011年04月06日

猫の親子喧嘩 の続き

実は、これは、母と息子 の遊び なのです。

爪とぎ台 からの落としあいです。

息子 やまと も素早く、身を翻します。
DSC09186.JPG


力に任せて、やまと は、母 ハロン をねじ伏せます。
DSC09187.JPG

ハロン は、平衡を乱して、オットット・・・
DSC09189.JPG

やまと の勝ち〜
DSC09191.JPG
posted by syouryu at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年04月04日

猫の親子喧嘩

椿の花 続きの続き
今回は、白
DSC09134.JPG


DSC09172.JPG

一方、我が家の黒猫
母親 の ハロン と 息子の やまと
仲睦まじく、爪とぎの 上に、乗っていました。
DSC09176.JPG

と・・・思いきや、 やまと が ネコパンチ を、ハロン に
DSC09178.JPG

ハロン は、パンチ をかわすと同時に、反撃にでました。
DSC09184.JPG

ハロン は、やまと よりも一回り小さいのですが、さすが、母親です。
やまと に負けていません。

posted by syouryu at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年04月03日

椿の花 続き

椿の花は、今年も変わらずに咲き続けます

DSC09132.JPG


DSC09166.JPG

DSC09150.JPG

DSC09139.JPG

震災、原発事故 は、どう生きるのかを問うていると思います。
僕は、conservative  かつ aggressive な性格です。
そこで、鎖国して、全て国内の資材で賄っていた、江戸時代、がめざすのが 日本の将来像と思っています。

戦後の教育をうけて育ちましたので、江戸時代は、封建的身分制に基づいた 抑圧的な社会だと教えられてきました。
どうも、それは、間違いで、明治維新こそが、近代的専制的圧政 をもたらし、日本 を 諸外国との戦争へと駆り立てた元凶ではないだろうかと、考えてきました。

posted by syouryu at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)