2011年08月31日

残暑が厳しい

イヤー、厳しい暑さが続いています。

ネコ達はというと、この暑さにも関わらず、エアコンの効かした部屋にはいません。
自宅には、インターネットカメラを設置してますので、仕事中も、PC やスマフォ で、どうしているか確認できるようにしてます。
しかし、真夏になってから、インターネットカメラには、めったに、ネコが映りません。設置していない、寝室とか、廊下とか、玄関とかにいるようで。
カメラを追加しようと考えています。

こんなに、暑いのに、昨年の今日は、胃全摘後8ヶ月にも関わらず、ベトナム、ハロン湾に出かけていました。

犬だか猫だったか、忘れましたが、動物の形をした岩 がありました。

DSC04384.JPG

ハノイ 空港に着陸寸前の、ベトナムの田園風景、美しい水田が広がっていました。
DSC04290_edited-1-1.jpg

ホテルはというと、大理石で内装した豪華なフロアー。
DSC04345.JPG
しかし、内部は、暗い。 照明が控えめなんですね。それで、いいじゃないですか。 

この旅行の後で、ベトナムは、日本に原発を発注しました。
ベトナムの東芝製原発で、発電した電力で、日本から脱出した企業が、ベトナムで、生産活動をするつもりなのでしょうか。
ベトナムの美しい田園が、放射能で汚染されないことを祈るばかりです。

一方で、福島原発事故後半年も経っていないというのに、急性白血病が、乳児を含めて、数例報告されてきています。昨日は、福島原発作業員が急性白血病で亡くなったと、東電が発表しました。事故との関連はないので、これ以上、調査もしない、とのことですが・・・よく調査してこそ、不安が払拭されると思うのですが。
白血病の発生が、原発事故による放射線障害によるものであるというのは、インターネット上の早とちりであって欲しいと願っています。
posted by syouryu at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の生活

2011年08月29日

まもなく一年

黒猫たちが、我が家にやってきて、一年が経とうとしています。
一年前に 作った ネコ部屋の ネコタワー。
この頃は、手前のトイレは利用しますが、タワーには、めったに登りません。
寝るのは、別の部屋で、僕がいると、リビングに集合しますので、この部屋は、閑散としています。

DSC01551.JPG


昨日は、日曜日。まだまだ暑いので、一切外出せずに、自宅で、ネコと居りました。

やまと と ハロン、一緒に爪とぎをしています。
DSC01202.JPG

やまと は、ソファに 居ついています。
DSC01558.JPG

グリ と ハロン 熟睡中
DSC01560.JPG

声をかけて、起こしてみました。
DSC01563.JPG

グリのエンジェル・マーク がきれいです。
posted by syouryu at 12:04| Comment(10) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年08月27日

末期の人にかける言葉

いろいろなブログを見ていると、もう現代医学の治癒の可能性が、ほとんどない状態なのだな、と思わせるのもあります。
また、仕事柄、もうそんなに、肉体が存続しないと思われる人にも 接する機会が多いように思います。



頑張れば治癒するとか、諦めるなとか、いたずらな励ましは、百害あって一利なし、と考えています。
事情や、事態をわからずに、励ますことほど、人を傷をつける事はありません。
こうした方がいいとか、ああしたらどうかとか、も禁句です。
死に逝く人は、死を自覚し、受容した時点で、生きている人間の価値基準を超えた領域、(僕は 菩薩の位、と呼んでいますが) に達しているのでしょう。
肉体、金銭、名誉、職業、経験 など、人を人たらしめていた価値 を超えたというか、人であることを超越した世界に近づいておられるのでしょう。

それでは、どんな言葉をかければいいのでしょうか。
聞かれなければ、事情もわからない状態では、黙っているのがいいようです。

肉体的生命の末期にある人には、親しければ、
真剣に、お愛想ではないことがわかるように、
「手伝えることがあれば、言ってください」
「何か、お手伝いできることはありませんか」
「私に、出来ることをいってください」
意外に、やってほしいことがあったりします。
小さいことから、大きなことまで・・・
だって、その人には、時間がないのですから。
また、言われないと、お願いしにくいものです。

医者ですので、医学的なことも述べてみます。
キュブラー・ロス は、死を受容するまでのプロセスを描写しました。
彼女が偉大であるのは、医学のなかに、死に逝く人に添う医療 という臨牀医学を打ち立てたことです。それまでは、死に逝く人は、医学的な関心の払われない領域でした。しかし、死後の医学 は、存在しません。そのことは、医学以外に求めなければなりません。
キュブラー・ロス は、最後は、肉体を越えた意識の存在を確信し、その意識である魂との交流に余生を過ごしました。

それでは、亡くなっていって、取り残された 愛惜の情に埋もれている人には、どんな言葉がけがいいでしょうか。
これも、励ましたり、指図したりは、禁句です。
ただただ、ともに嘆き悲しむ事が大事かなと思います。十分に、ともに、悲しまなければ、立ち直れません。
ともに悲しむことが出来ない人が、言うことのできる、一番無難な言葉は、
「お寂しくなりましたね。」
だと、思います。
つまらない同情や諭しよりは、よっぽど良いようです。


DSC00966.JPG DSC00970.JPG
posted by syouryu at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | どう生きようか

2011年08月26日

鯒(こち)

main-s[1].jpeg
珍しく、スーパーに、鯒(こち)が置いていました。
淡白な白身の締まった、肉厚な魚です。

DSC08850.JPG

左、猫顔の模様の 皿に入っているのが、薄味の煮物。
右側のトレイ にあるのが、塩も付けないで素焼きしたもの。
もちろんのこと、左が 僕用 で、右が 猫用。
鯒 は、魚の中では固身なので、よく噛んでゆっくりと食べました。
しかし、猫は、気に入ったようで、むしゃぶりついてました。 ささみ より、美味しかったようです。


秋模様の 花
DSC01453.JPG
posted by syouryu at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2011年08月24日

珈琲 が飲める



DSC01468.JPG

胃全摘して、一年8ヶ月目になりました。

この頃は、ようやく、コーヒー が飲めるようになって来ました。
チビチビなら、以前から飲めていたのですが、二杯目は無理でした。

ホテルに宿泊して分かった事ですが、この頃 朝食 にコーヒーを3、4杯 飲める様になりました。
胃全摘以前は、毎日 朝は、コーヒーではじまっていたので、とても残念でした。コーヒーが飲めるようになるというのは、小腸が OKサイン を出しているのでしょうか。

虫歯の治療には、今も、通っています。間食が多くなることは、虫歯の原因と云われていますので、虫歯を作っているような生活を続けていたわけです。
胃がないと、消化にとっては、歯は命 なので、虫歯はしっかり治しておかなければ。

また、歯磨きにも、気を使うようになり、歯ブラシに凝るようになりました。

この一年でつかった歯ブラシの種類
DSC08845.JPG

今は、この幅広タイプを使用中
DSC08846.JPG


そして、嚥下の訓練 と、口腔の消化機能 を全開させるようにしています。


posted by syouryu at 21:10| Comment(17) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2011年08月23日

煮豆 に挑戦

胃全摘 後の 高たんぱく質の摂取に よいと思っていた 乾燥豆。煮豆に挑戦しました。

DSC08762.JPG


貯めこんでいた乾燥豆
それぞれ、
黒豆、ひよこ豆、金時豆
とら豆、緑豆、うずら豆

緑豆は、水につ行けておくと、豆が柔らかくならずに、芽が出てきました。つまり、もやし になってしまい、失敗。

DSC01339.JPG

大福豆 と 枝豆 を混ぜて、昆布だし、黒七味 まぶしで 作った、五目煮豆。 柔らかくて、噛みやすくて、よかったです。

DSC01475.JPGDSC01475.JPG
posted by syouryu at 11:41| Comment(6) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2011年08月22日

ソファーを捨てようと思いましたが・・・

二人用のソファー、来客があっても、どなたも座ろうとはされません。
まあ、コ汚い感じがするようです。

そこで、一人用の安楽椅子を買おうかなァ、と考えて、二人用のソファーを捨てようかと・・・

やまと が睨んでいます。
「捨てちゃ、ダメ、これ僕のです」 と言っているような。
DSC_0267.JPG

「ほらー、ちょうど僕の身長にピッタリです。」
DSC01528.JPG

DSC_0266.JPG


「捨てちゃダメですよ」
DSC_0269.JPG

「それより、早く、お腹をさすってよー」
DSC01524.JPG
posted by syouryu at 17:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年08月21日

炊飯器 を 買いました

DSC01517.JPG
青汁 を考えてましたが、緑汁 にしました。 材料は、友人がつくった お茶っぱ。ミルで、ひいて、水に溶かしただけですが・・・要は、抹茶ですが、抹茶とは違った味です。青汁 の代わりに、飲んでおきます。

緑汁 に並んでいるのが、新たに買った、炊飯器。 とても、小さいです。
DSC01520.JPG


これです。 半合が、15分で 炊けます。 普通の炊飯器で炊いた ご飯のようではありませんが、炊きたてをいつでも食べれます。冷凍したご飯よりは、美味しいかと。
41Z+i7A1gQL._SL500_AA300_[1].jpg

息子は、炊いたご飯の 銘柄 が判るのですが、そういう人には、向きません。 


もう、晩夏です。クヌギ の実が成っていました

DSC01507.JPG


DSC01514.JPG

posted by syouryu at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2011年08月20日

ハロン の事

ハロン は、やまと と グリ の お母さんです。この写真では、一番手前にいます。

DSC08484.JPG

DSC01425.JPG

僕とは、共同生活をしてますが、懐いているという感じはありません。 が、拒否するという態度も見られません。
僕が、リビングに居ると、リビングに来て、ネコ部屋の掃除をしていると、傍で見ています。

やまと や グリ と違って、他の人間を怖がっているという事もありません。

眼は、澄みきった、美しい紺碧のブルー です。

DSC01428.JPG


のびのびと、暮らしています。
DSC01373.JPG


それと、テレビ観賞が趣味です。見難い、アナログテレビをみています。
DSC09481.JPG

定位置は、リビングの 椅子の上
DSC01430.JPG


ここから、リビングを見渡しています。

DSC01547.JPG
この目付 と 鼻筋 が 亡くなった家内に そっくりです。
この顔をみていると、家内が、生前によく言っていた 事を 思い出します。

わたしはナー、アホ な オトコ は、嫌いやネン

まあ、人間 と ネコ を問わず 、全女性の 本音かも知れませんネわーい(嬉しい顔)
posted by syouryu at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年08月19日

鉄欠乏性貧血

胃全摘後 1年8ヶ月 が経ちました。

定期に自分でしている血液検査。 この8月 は、今までになく、貧血が進んでいました。
赤血球数 416万、ヘモグロビン 11.8グラム これは、手術後の最低値です。 
体重が増加した分、鉄が不足してきているのでしょう。

鉄は、生命活動に必須のものですが、過剰な状態では、発癌物質として作用します。

鉄に、発癌性があるということが、近年に明らかになってきています。
発癌 鉄 で、検索にかけると、ヒットします。

鉄に発がん性があるということは、3点で疑いようがないようです。
まず、第一は、特定の癌、卵巣癌、肝癌、結腸癌、肺癌 と密接な関係があることが報告されています。肝癌の発生を防ぐために、瀉血といって、わざと貧血にさせるという治療が行われています。
第二は、疫学的に、鉄貯蔵量が増えると、癌になる確率が高まるとされています。
第三は、マウス やラットに 鉄を投与すると癌を発生させることができるという点です。

こうした事実から、生命活動に支障がない状態では、鉄を投与することは、輸血も含めて、控えるべきであると考えられます。
したがって、僕は、鉄欠乏性貧血にあることを、幸運ととらえ、鉄を敢えて補給しないという選択をしています。

ナデシコ こういう花ですね。
DSC00761.JPG

録画した サッカーの映像を PCで見ている ハロン
DSC07560.JPG

液晶画面もみれるようなので、ハロン にデジタルテレビ を買ってあげようかな、と思う今日この頃です。
地上波 は観ませんけれど・・・
posted by syouryu at 17:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 胃切除後のトラブル

2011年08月18日

やまと の事

やまと の姿
DSC08808.JPG

おとなしく、見上げています。と思いきや、グリ や ハロン を けしかけて、何かを企んでいたりします。
DSC07549.JPG

DSC01342.JPG 

やまと が、この前は、仏壇の中にいました。さすがに、写真には、撮れませんでしたが・・・
先住ネコは、仏壇によく入っていましたが、線香立て や 写真が、倒れていたりとかで、判ったものです。
しかし、やまと は、何も倒さずに、入り込み、出て行きます。仏壇の中に、折りたたんだように居る やまと を見つけたときは、そりゃー、驚きましたサーがく〜(落胆した顔) 

悪戯するばかりの やまと ですが、意外な面も、持ち合わせています。

僕は、寄る年なみでしょうが、夜中に、2,3度 目が覚めます。トイレに行くというわけでもなく、ベッドで、意識が目覚めるのです。夜中は、猫たちは、活動タイムなのでしょうが、どういうのか、目覚めると、にゃおー と鳴きながら、やまと が、ねこドア をくぐって、寝室に入ってきて、ベッドにのってきます。ひとしきり愛想を振りまくと、寝室から出て行きます。

僕が、目覚めたのが、どうして判るのか不思議です。

朝起きると、ねこ玩具が、きちんと並んでいます。我が家の猫たちは、整理好きです。
DSC08835.JPG

DSC08839.JPG
posted by syouryu at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫のこと

2011年08月17日

今日は猛暑

お盆が過ぎたというのに、今日は、猛暑です。
昼間に、外を歩くと、クラクラ としました。

そこで、涼しげな 画像を。
DSC00962.JPG 

6月27日から、稼動している クリニックのソーラー発電。発電開始からの、積算 なるものが 表示できます。

今日までは、
発電量 1228KWh
消費量 1740KWh
売電量  486KWh
買電量  998KWh
自給率   70%exclamation×2ひらめき

DSC_0244.JPG

自給率 70% です。 クリニックは一部200V の送電を受けていますので、全体では、自給率は下がりますが、なかなかのものです。

3.11以降、関西も必ず電力不足になると、確信して、早急に手をうってよかったと思います。
関〇電力の社長は、春の時点で、関西は電力の心配はありません、と言っていましたが・・・経営責任は取らないのでしょうか?
3.11以降は、原発は、今までどうりに稼動できなくなると、普通の常識では、考えるものですが・・・・
posted by syouryu at 17:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の生活

2011年08月16日

横浜の フランス料理

横浜では、クイーンアリス というフランス料理店に、行って来ました。
関東では有名なお店だそうです。
なんでも、フランス料理の初代、料理の鉄人、の お店 だそうです。

食べだして、から、写真を撮るのを忘れてしました。
ようやくメイン料理で、気付きました。

メイン料理 は、次のようでした。

牛肉
DSC_0222.JPG

鴨肉
DSC_0225.JPG

羊肉
DSC_0224.JPG


デザート は、
DSC_0231.JPG
DSC_0227.JPG
DSC_0230.JPG


ここの料理は、食べきれませんでした。
関東の人は、大食いなのでしょうか?

お値段も、1万をきり、りーズナブル です。 バブルのころなら、この料理、この場所、この設え では、2、3万はしましたね。 

シャンペイン も、イギリス王室御用達 の ロイヤルウェディング公式シャンパーニュとして振舞われたポル・ロジェもの。
初めて飲みましたが、辛口で口当たりの良い、おとなのシャンペイン でした。

また、ここの フォアグラのテリーヌ、絶品でした。両面は、よくこがして、油っ濃さが消えていました。僕は、こんな風には、焼けない・・・と言いましたら、プロが料理してるのだからと、周囲からは、覚めた物言いをされました。

若いひと向けの お店でしょうか、でも、年配の僕も 満足しました。
胃全摘した者にとっては、食べきれませんでした。もう少し、少ない量にして欲しかった、というより、普通の人と一緒に、フルコースをフルに注文したからです。


posted by syouryu at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2011年08月15日

関東は、節電?

DSC_0239.JPG
13日から、横浜にいて、今日、帰阪しました。品川で、所用があったのですが、さすがお盆に、品川は、大混乱だろうと、横浜で宿をとりました。
ホテルの窓から見えた、大観覧車。

夜になると、周期的に色を変えて、花火のような、電飾照明でした。
DSC_0219.JPG

DSC_0220.JPG

DSC_0221.JPG


節電の雰囲気を感じなかったのですが、住んでいる人たちによると、それでも、かなり町並みは暗いとのこと。

新幹線で、関西圏に入ると、車内放送が・・・
「ただいまから、節電のため、車内冷房の温度があがります〜」

今は、関西の方が、電力ピンチ なのか・・・・

黒猫達も、何事もなく、お留守番ができたようです。

DSC01327.JPG
左上 が ハロン 、真ん中 上 が やまと。 右下 に、グリ。 
グリは、50センチを飛び越えられません。 前足は、つくのですが、後ろ足の蹴りが、不十分のようです。 それで、ハロン や やまと のいる箪笥の上には、登れません。 下から、見上げています。 本箱を添えてやったので、登れると思うのですが、降りるときの心配があるのでしょうか。
グリ は、飛び降りるのは、1メートル まででしょうか。 ハロン と やまと は、1メートル50センチ でも、ひとっ飛びで飛び降りますが。

posted by syouryu at 16:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の生活

2011年08月12日

誤嚥性肺炎 の予防

これは、何の花でしょうか?
正解は、唐辛子の花
E38388E382A6E382ACE383A9E382B7E381AEE88AB1-660a2[1].jpg

胃全摘してますと、食道への腸からの逆流が起りますので、逆流性食道炎が起ります。
これに、加齢が加わりますと、誤嚥性肺炎を起こしてきます。
食道の滞留物が、飲み込めにくくなると、誤嚥してしまうというわけです。

加齢によって、大脳基底核の働きが落ちて、ドパミンの産生が低下します。これによって、サブスタンスPというのが、合成されにくくなり、嚥下がうまくいかなくなると、説明されています。
fig01[1].jpeg
この、サブスタンスPの産生を、わずかの唐辛子が刺激し、嚥下障害を防ぐことが出来るという考えがあります。
以前から、唐辛子に挑戦していたのですが、如何せん、それほど美味しくないのです。

04_2[1].jpeg

ところが、京都の方から、原了郭 の 黒七味 をいただきました。この、「黒七味」の原料は、唐辛子と山椒粉、白ごま、黒ごま、けしの実、麻の実、青のり のようで、絶妙の味なのです。一子相伝 なので、原料についても、定かではありませんが・・・

これなら、毎日の食事にいただけます。味噌汁、冷奴 など、昨日は、冬瓜にかけて食べました。

shop_mainimage.jpeg

こんど、チリコンカン の 香辛料の代わりに使って、和風チリ を創って見ようと考えました。
posted by syouryu at 17:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 胃切除後のトラブル

2011年08月11日

間もなく、1年8カ月

2009年12月に、胃全摘して、間もなく、1年8カ月になろうとしています。

1年半ぐらいの時は、体重も、そのままで、増えることもなく、極端に減ることもなく、61キロで経過していたような。
このことは、7月27日 のブログ 夏本番で書いています。

そのころから、2週間ほどですが・・・・
急に体重が増えてきました、といっても、63キロぐらいですが。

冷たい物の摂りすぎ、浮腫んできたかなと、 体重は、増えれば増えたで考えるものです。

このところ、猛暑ですね。平日は、昼間に、各施設へ移動しますので、移動時には 眩暈がしますね。


ところで、昼間は、のびている黒猫達。

ハロン 母さん
DSC01317.JPG

長女の グリ
DSC01316.JPG


長男の やまと
DSC01296.JPG


夜は、大運動会をしてますが・・・
ところで、お盆には、春から延びていた、小児科学会が東京で開催されます。
二泊ほど、東京に行きますが、黒猫達は、猫シッター さんに お願いしてます。
posted by syouryu at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃癌治療の経過

2011年08月10日

ソーラー発電の実績

避難はしご を確認する やまと
DSC00792.JPG
あんまり、そこで、跳ねると、梯子が落ちちゃうよー

6月終盤から、本格稼働した ソーラー発電

DSC08750.JPG

3月の原発事故以降に、急遽、ソーラー発電 を設置しました。初めて、一か月、7月の 実績が出ました。昨年の、7月の使用電力は、1500KWh。 今年の7月の実績は、買売電力を総計して、680KWh。 昨年の、45%で済みました。 55%の節電ができたという事です。 電気代でいえば、約2万円の節約ができましたので、ソーラー発電設置費から補助金を引いて、約11年で償還できそうです。


真っ赤な芙蓉、写真では、ピンクですが・・
DSC01080.JPG


DSC01083.JPG

2011年08月09日

三発目の 原爆

広島、長崎 に原爆が投下されて、66年目。

4月25日 のブログ 「原子力発電の電気は使わない、買わない」 で書きましたが、3月14日の 福島第一原子力発電所三号機 の爆発・・・

『今だから、記事にかけますが・・・
3月14日の 福島第一原発3号機 の爆発は、そりゃ〜 驚きましたねー。
1号機の爆発とは違って、この、爆発している映像は、迫力がありすぎでした。』

と書いています。

images[6].jpeg

この時は、杞憂だと思いたかったのですが・・・5月以降には、
「水素爆発に続いて、使用済み核燃料棒プール で起った、核爆発」
ではないかと、見解が出てきています。
検索サイト で、福島 核爆発、 で検索すれば、相当のヒットが出てきます。

これは、爆発時に放出された核種を調べれば判ることで、東電、日本政府、アメリカ軍は、肯定も否定も出来るデータを持っているはずです。

しかし、原子力科学者の 誰も(あの 小出先生すら)、使用済み核燃料棒プール で、核爆発 が起るなど、考えていた人はいませんでした。 僕も、アメリカ と ロシア で話題にされなければ、妄言と看做していたでしょう。

設計上の予想では起らないはずの 急激な再臨界、つまり 核爆発が起ったということであれば、原子力発電所 そのものの安全性について、根源的な疑念が発生します。
日本のマスコミ や 国会 は、こうした可能性について沈黙しているようですが、東電と日本政府に質問すれば済む事なのに、質問をしていないということは、この質問は、禁止されているのでしょうか。

三発目の 原爆 だったのでしょうか?

2011年08月08日

記憶転移

記憶転移というのは、臓器移植に伴っておこると云われている現象です。

臓器移植の結果、 ドナーの趣味や嗜好、性格の一部、さらにはドナーの経験の一部が、臓器移植とともに、移ったと考えられる場合が報告されています。しかし、ドナー は、公表されないのが原則ですので、精確なことは判っていませんし、今後も、研究が進むとも思えません。
東洋では、人の心は、五臓六腑 に宿るとも云われていますので、あながち、無視出来ない現象かなとも思います。

そうすると、胃全摘 した場合、胃にあった、記憶や心 は、どうなったのでしょうか。
自分自身は、性格が替わったといえば、かわりました。
最近、記憶がやたら飛ぶのは、胃全摘 の所為でしょうか。

記憶といえば・・・・この頃、夜中の睡眠中に2,3時間おきに、起きてしまいます。記憶力減退の予防として、飲んでいる イチョウ葉エキス があやしい ので、夜は飲むのを止めました。記憶の中枢といわれている大脳辺縁系 を刺激するのでしょうか。

へメロカリス の最後 の写真

DSC01047.JPG
DSC01050.JPG
DSC01041.JPG
DSC01039.JPG

posted by syouryu at 11:42| Comment(11) | TrackBack(0) | 胃切除後のトラブル

2011年08月07日

科学は人間の知の方法論にすぎない

猫たちは、暑さで、うだっています。
DSC01284.JPG

グリ、手作りの猫タワーの上で、なごんでいます。
DSC01275.JPG


猫には、論理的理性的思考が表出していません。したがって、人間から見ると、猫には論理的思考は無いのではないかと想像されています。
人間の論理的で科学的な思考は、言語的論理として成立しています。これは、大脳皮質左半球で行われています。一方、大脳皮質右半球は、科学的思考ではなく、直観的、倫理的、芸術的思考をつかさどっていると看做されています。この左右大脳皮質は、主に、脳りょう で、交通され、両者のバランスがとられることが期待されています。

科学的思考は、人間の知の一様式にしかすぎません。右半球からの、フィードバックで、科学的思考がおかしいぞーという警告には、耳を傾けないと、人類は破滅します。

核についての科学技術は、おかしいぞー と右半球が警告しています。
医学でも、クローン技術、万能細胞技術、脳死臓器移植、抗老化技術など、技術の独走に懸念が観られます。 人間である以上、医学といえども、生老病死 を克服することはできません。

科学技術は、発展するほうがいいという近代合理主義の 迷信は、捨て去る時が来ているように思えます。

posted by syouryu at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | どう生きようか
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)