2012年02月29日

チベット旅行へ

チベット旅行 行けそうです。
 チベットでは、青蔵鉄道に乗る予定
天空列車_buroguedited-small.jpg

西寧 から、一路 24時間をかけて、ラサ を目指し、夜に出発。
早朝に、崑崙山脈 をみながら ゴビ砂漠 を越えます
ココシリ平原 では、チベット独自の 野生動物を みながら
凍土を貫いた 風火山トンネル を 通過し
昼過ぎには、最高標高 5068m の タングラ峠 を超え
紺碧のツォナ湖、 を通り、 
大雪山のニンチェンタンラ山 の威容を拝みながら
ラサ に、夜中に到着。

すでに、行った気分です。

公園で、何気に写真を撮っていたら、
DSC00148のコピー.jpg

急に、女の子に近寄られました
DSC00149のコピー.jpg

チィベットの人たちも、こんなに人懐いかな。
posted by syouryu at 17:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 胃全摘、3年目

2012年02月28日

「遺体」

この「遺体」は、震災翌日から約10日間のあいだ、遺体仮安置所となった、廃校を舞台としたドキュメントです。

418QT8tlSzL._AA300_[1].jpg

3.11で起こったことは何なのか。地震と津波の跡は、どういう事態なのか。
それに実際に直面しないとわからないことがあります。
マスメデア は、いつも、最も肝心な事を報道しません。

誰もがどうしていいかわからない状況で、遺体仮安置所の管理を引き受ける民生委員。
行政でも、警察でも、自衛隊でもない、一介のボランテアが、もちろん、地域では指導者でしょうが、自らすすんで、この重大な、そして、何をしても周囲から批判の矢面に立つ役目を引き受ける・・・人間には素晴らしい人がいるものだと実感します。

この遺体安置所で、遺体でもなく、遺体の家族でもなく、それぞれの役割を尽くした人々のドキュメントを記述しています。
医師、歯科医、市職員、消防団員、自衛隊員、消防署員、葬儀社員、僧侶
逃げようと思えば、逃げれるのにもかかわらず、その場に踏みとどまり、職責を果たす英雄たち。

災害の後では、遺体の処理が、何事にも優先する緊急の仕事になることが分かりました。

しかし、誰も今まで、そのような訓練は受けていません。初めて引き受けることとなった職責を、報酬の有無にかかわらず、ひたすらこなしていく人々。また、引き受けられない人たちもいます。
体育館では、間に合わなくなる遺体の多さ。幼子や妊婦の遺体。日にちが経つごとに、搬送される遺体の状態が変わってきます。火葬ができずに土葬される遺体。家族の慟哭。
筆舌に尽くしがたい状況が、淡々と、記述されています。

これは、後世に残る名著となるでしょう。

著者である 石井光太氏は、これまでアジアやイスラムの悲惨を描写してきている。
今回の3.11は、著者の目には、アジアの貧困と同様に映ったのだろうか。そのことが悲しい。
これまでは、著者は、悲惨な現場を映像として表現されていたような。今回の 「遺体」の現場も映像として記録されていただろうと思われます。
ぜひ、その映像を出版されることを希望します。


3.11から一年が経とうとしている今、梅の花が咲きだしました。

接写レンズでの梅の花
DSC02112.JPG

魚眼レンズ での梅の花
DSC00205.JPG
posted by syouryu at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴耕雨読

2012年02月27日

男子 対 女子

家にいると、この頃は、男子 対 女子 に別れます。
男子 は、 僕 と やまと

女子は、ハロン と グリ
DSC02092.JPG

 ハロンは、やはり、お母さんで、グリ の 毛づくろい をしてやっています。
DSC02125.JPG

僕も、負けずに、やまと の毛づくろい をしてやっています
posted by syouryu at 17:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 猫のこと

2012年02月26日

魚眼レンズ でみた猫たち

今日は、寒の戻りでしょうか、霙が降っていました。

そんなでも、猫は、ガス床暖で、ほっこりとしております。

魚眼レンズ でみた猫たち

グリ
DSC00146.JPG

ハロン
DSC00136.JPG

やまと
DSC00137.JPG

魚眼レンズで、顔にフォーカスすると、眼がきれいに写ります。
posted by syouryu at 18:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫のこと

2012年02月25日

親鸞 について読み込んでいます

魚眼レンズでの、樹木 二態

メタセコイア
DSC00185.JPG

ユーカリ
DSC00167.JPG


正月休みにDVDで見た 梅原猛の浄土仏教講義 法然・親鸞・一遍

法然、一遍 については、さして突飛な話題は無かったのですが。

親鸞については、俗説や伝承の類にしか思っていなかった話題が、この碩学から聞かされるとは、驚きました。

「親鸞は、源頼朝の甥であった。」
「親鸞の最初の妻は、関白太政大臣の娘であった。」

信心の根底を揺さぶられる気がして、親鸞書を読み返しました。

新たに、数十冊を買い込んで読み込みましたが、やはり、そんなことはなさそうです。
親鸞という人は、宗教思想は饒舌に書き残しています。
しかし、個人的な来歴は、まったく書き残していませんし、また、周辺の当時の文書にもまったく記載がありません。
両親についても、まったく判らないのが現状です。 すべての生き物が 我が父母であると、言われていたようです。
親鸞の師である法然でも、両親のことを周囲に語り、それが書き残されていますのに。

妻にも、弟子にも、自分の父母について口に出さなかったというのが、真相のようです。後世には、脚色されたもっともらしい話しが出来上がって、さらに、粉飾がされて来たようです。
NHKの大河ドラマ、平の清盛、が影響しているわけでもないだろうし・・・

DSC00126.JPG

まだ、半分ぐらいしか、読めていません。
チィベット に行くまでには、読めそうです。
posted by syouryu at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴耕雨読

2012年02月24日

看取り と 老人ホーム

今日の、昼間の猫たちは・・・・


ハロン が、ベッドから出て、カーペットで寝ています。

VTECA14.jpeg


大きいベッドは、普通の猫なら、3匹が団子で入れる大きさですが、一匹ずつしか、寝ません。

最初は、大きいのを 一個だけ買いましたが、買い足して、結局、3個になりました。


猫が贅沢なのか、僕が甘やかしているのか・・・・・


DSC09332.JPG 

このお雛様は、今度、管理医師(院長 or 所長)となった診療所付き、老人ホームの お雛様のお飾りです。
家内が居なくなってから、雛飾りをまじかに見たのは、初めてでしょうか。


この老人ホームは、100名を超える入所があり、介護スタッフは、なかなか頑張っています。


しかも、自然死の 看取り を、本人、ご家族 が望まれれば、積極的に行っています。

つまり、介護によって食事が出来なくなっても、点滴や胃瘻をしないで、そのまま自然の経過に任せている、という事です。

ほとんどの老人ホームが、胃瘻をしないと、入所を拒否しているという現状にもかかわらず、スタッフの努力には、敬服します。
自然死するまで、介護してもらえて、ここに入所している高齢者は、倖せでしょう。


僕にとっても、高齢者医療に対する基本的考えが一致しているので、緊張感やストレスなく勤められて、嬉しいかぎりです。


この老人ホームには、熱帯魚が住んでいます。餌をやっていると、懐いてきて、指を入れると寄ってきます。 

 DSC09338.JPG


家では、絶対に熱帯魚は飼えないので、ここので満足しています。




posted by syouryu at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 老人ホーム

2012年02月22日

再び、昼間の猫たち

12/02/22 AM11:28:56 の猫たち
Snapshot3JPEG.jpg

同じポーズで、寝ています。悩みは、なさそうですネ。
今日は、猫の日。 2月22日で、ニャンニャン だそうです。

冬とはいえ、公園では、南国風の植物もあります
DSC00056.JPG

ヤシ の種類でしょうが、こんなに寒くっても 枯れもせず直立しています。
DSC00057.jpg
posted by syouryu at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと

2012年02月21日

昼間の猫たち

晴天の冬空
DSC00048.JPG
太陽の散乱光が、三つの緑色の円形が見えています。これは、レンズの光学的な現象でしょう。

インターネット・カメラ で、昼間は、猫たちを ”監視” しています

12/02/20 AM09:54:33 の映像
SnapshotJPEG.jpg

12/02/21 PM03:54:26 の映像。
Snapshot2JPEG.jpg


日にちも、時刻も違うのに、同じ場所に、同じように寝ています。
僕が居ないときは、ほぼ、寝ています。
センサーが付いていますので、猫が動けば、動いた映像が記憶されていますので、何時何処に動いたかチェックできます。
トイレも、誰が何時行ったか分かります。このカメラは、映像だけでなく音声も聞こえますので、猫の鳴き声も記録されています。

万が一、ドロボーが入っても、しっかりと記録されます。
posted by syouryu at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫のこと

2012年02月19日

有料老人ホームは?

昨日は、死ぬ場所について、書いてみました。

昨今は、有料老人ホームも、幾つも建設されていて、考えに入れれるでしょうか。

一口に、有料老人ホーム といっても、様々です。

自立した高齢者の入る、何千、何億の経費の掛かる老人ホームが ピン なら、 養護老人ホーム 並みの、月に十万台で入れる施設もあるようです。
看護師が24時間、常駐している 要介護状態の人を入居させるところから、昼間 で しか看護師がいないところもあります。

したがって、死を迎える施設かどうかは、施設ごとに違ってきます。
老衰とかの自然死を迎えるためには、介護や看護スタッフ に、終末期の十分な訓練が必要です。
少なくとも、人の自然死を受け入れる心の準備が必要ですが、なかなか、難しいものがあります。


ようやく完成した、ミツバチのブローチ
DSC09321.JPG

忙しいといいながら、こんなものを作る時間はあるのです。
posted by syouryu at 20:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 老人ホーム

2012年02月18日

死ぬのは怖くないけれど

雪の舞い散る今日でしたが、夕日はきれいでした。
DSC00065.JPG

DSC02037.JPG


DSC02046.JPG


死ぬことには、何の恐怖もないのですが、死ぬ過程については、多少の心配があります。
一人暮らしだと、自宅で死を迎えるのも、難しいように思えます。突然死なら別ですが、まず、最低でも、最期の1か月は、介助が必要な状態になります。

癌死の場合だと、死ぬ場所が限られてきます。いわゆる ホスピス に入れればいいですが、順番を待っている間に、間に合わないというのが、ここら辺の実情です。お金さえ出せば、入れるところもありますが、どういうものでしょうか。
やはり、病院で、という事になるのでしょう。

高齢になって、老衰で、自然死 というのは、昭和の20年から30年頃のように、また、可能になってきています。
その場合は、病院ではなく、老人ホーム か、グループホーム で、という事になるでしょう。

それで、いいと考えています。何も食べれなくなって、無理に口に食べ物を入れられることもなく、点滴されることもなく、もちろんのこと、チューブ漬けにされることもなく、ただ、死の訪れるのを見守ってもらう。
もちろん、リビングウィル は、必要です。何も、医療を行わないという事に、社会的合意はまだ有りませんから。


天皇陛下の病状を心配して、テレビ報道に見入る ハロン
DSC09327.JPG
posted by syouryu at 21:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 胃全摘、3年目

2012年02月17日

ネコ団子にならない

ガスの床暖房ですが、リビングには、二面あって、猫だけが居るときは、一面だけ使っています。

使っているところは、すぐにわかるようで、このように同じような位置にいます。
DSC09312.JPG

DSC00107.JPG

一度に、みんな揃ってこちらを見てくれないので、二枚の写真になりました。
床暖をつけていると、暖かいのか、猫団子にはなりません。

人間も、冬の暖房は、この床暖だけで過ごしています。

そろそろ、早く、春が来ないのかと思う今日この頃です。


新しいデジカメで撮った、ベランダからの魚眼レンズ写真。
DSC00100.jpg
posted by syouryu at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2012年02月15日

誕生日

今日は、何回目かの誕生日。
胃切除して、よく張っていた 下腹部の膨満感が無くなってきています。
こうして、順調に、胃全摘3年目を過ごし、誕生日を迎えられました。

冬の花の 代表格、ロウバイ が、満開を過ぎています。
DSC00049.JPG

一方で、春の訪れを知らせる マンサク が咲きだしました。
DSC00051.JPG

しかし、忙しいのは変わりません。
今日は、今年4人目の死亡診断書が、朝一番の 仕事 でした。 合掌
posted by syouryu at 16:34| Comment(12) | TrackBack(0) | 胃全摘、3年目

2012年02月14日

忙しくしています

やたらと、忙しくしています。
有料老人ホーム とか、特別養護老人ホーム とか、クリニック内での仕事以外が増えて、車のナンバーと同じ4989 しています。

そこで、ブログは、このところ手抜きです。

新しいデジカメ での パノラマ写真
DSC00042_edited-1.jpg

魚眼レンズで撮った、今日の夕食。
DSC00084.JPG

ダッチオープンでの、豚肉の、ロースト。
野菜( トマト、ジャガイモ、ナス、ズッキーニ など) のオリーブオイル蒸し煮。

そんなに忙しくしているのに、今日は、チベット旅行を予約しました。
無事に行けるのには、まだ、幾つもの関門があります。

posted by syouryu at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2012年02月12日

ドラゴン・タトゥーの女

もうすこしすると、春ですね。
菜の花が、咲きだしました。
新しい、デジカメの映りを試しています。
DSC00063.JPG
ミツバチの動きは、まだ確認できませんね

映画 「ドラゴン・タトゥーの女」 を、朝一から観てきました。 スウェーデン映画ということで、男女関係 や性描写が尋常ではありません。それが、苦手という方は、観ないほうがよいでしょう。
大財閥会長から、40年前に起こった孫娘失踪事件の捜査を依頼されたいたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。
女性への連続猟奇殺人事件も、一族の仕業であった。 失踪していた女性は、生きていて、ということはホッとするのだけれど、トラウマ を持つヒロインを、最後にどん底に突き落とすのはどんなもんだろうか。
アメリカ映画では、こうはならないだろうなあ。


湖面の撮影。
どういうのでしょうか、この新しいデジカメでも、湖面に光るものが映ります。
DSC00014.JPG
posted by syouryu at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑談休話

2012年02月11日

今日の黒猫たち、つづき

今日は、建国記念日で休み。
連休で、おもいっきり、ゆったりと過ごしております。

河野りょう の「生きるー奇跡をつないで」の動画をPCで、観ておりましたら、

ハロン も一緒に、しっかりと、観ておりました。
DSC02014.JPG
「こいつ、どっかで見たニャー」
DSC02018.JPG


DSC02027.JPG


DSC02017.JPG

「オオっ、高い声がでてるニャー」

音程が変わるたびに、耳を動かしながら。

かわったヤツです。

晩御飯をつくっていると、3匹が足元にまとわりついて、危なくって仕方ありません。

この猫たちに主食は、コレ!

DSC02009.JPG
posted by syouryu at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと

2012年02月09日

今日の黒猫たち

アドレナリン が、ピュピュと放出されています。
いつもは、夜9時に寝て、朝7時に起きるという睡眠時間10時間の生活でした。
ところが、このところ、夜12時に寝て、朝6時に起きるという生活に変わりました。

確実に、戦闘モード に入りました。百万人といえども我行かん、とい精神状態です。
親しい友人たちは、ヤッタレー 、という声援です。

癌患者は、不屈であるという事、肉体の消滅も決して恐れないのだと思います。

一方、自宅では、黒猫たちに 癒されています。

ハロン の姿
DSC01982.JPG

やまと は、特大のを使っています
DSC01984.JPG

こういう感じですね。
DSC01993.JPG

グリは、空気清浄器の前で、テーブルクロス を座布団代わりに、和んでおります。
DSC01995.JPG

黒猫3匹たちの 団子 を書いてみました。
2011年.jpg
posted by syouryu at 19:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 猫のこと

2012年02月08日

がん患者は社会的に不利?


この寒いのに、ハスの枯れ枝の中を泳ぐ、夫婦の鴨

DSC01767.JPG


いいですね、仲良しで。

僕が、胃癌になって、不利な扱いを受けたことがあります。
営利企業から受けた 扱いでした。それは、相手の譲歩により解決したと思っておりましたら、また、とんでもない難癖をつけてきました。

そのために、長文の抗議文を書いており、しばし、忙しくしております。
すでに、A410枚を超えました。

癌患者が、社会的に普通に仕事をしているという事に、腹立たしく感じる人々がいるようです。

詳細を、いつか報告できる事が出来ると思います。

まあ、しかし、のんびりとした生活から、緊張した生活に戻ります。
この緊張が、僕の栄養分かもしれません。
posted by syouryu at 20:30| Comment(6) | TrackBack(0) | どう生きようか

2012年02月07日

タジン鍋

貰いものの タジン鍋
DSC09304.JPG

電子レンジに入れて使うものと思っておりました。
そこで、手持ちのスチームレンジ。
ナショナル(もう無いか!)製の Bistro の中に入れて調理しました。
ところが、ぜーんぜーん、調理できません。

どうも、この製品は、陶器製で、直火式だったよう。

試行錯誤の上、出来上がりました。
DSC09307.JPG

油は、全然使いませんから、これは、胃の無いものにも、優しそう。
posted by syouryu at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2012年02月05日

シリコンスチーマー

この頃は、シリコンスチーマー なるものが、よく出回っています。

このシリコン製入れ物に、野菜などを入れて、電子レンジに入れると、蒸し料理ができます。

朝は、野菜の蒸し物を食べるようにしています。このスチーマーに野菜を入れて、食べています。
簡単に、朝の忙しいときに、バーニャカウダ などををつけて野菜を食べれます。
DSC09299.JPG


早々に、娘からもらった、チョコ
love とかいわれても・・・・

DSC09302.JPG
posted by syouryu at 20:44| Comment(6) | TrackBack(0) | どうしてる?食事

2012年02月04日

アコギな一人旅、近畿編、終了

河野りょうの アコギな一人旅 近畿編 
今日の大阪 でのライブで 終了しました。
京都、奈良、大津、神戸、大阪 の五か所連続でしたので、声が出るのかと心配していましたが・・・

大阪でのライブでは、僕が聞いた中で一番良かったように思えたのでした。

DSC01937 (1).JPG

DSC01880 (1).JPG


今回は、積極的にお声を掛けなかったのですが、ホームページから参加していただいた方もいて、有難うございました。


ライブの後は、居酒屋で反省会

DSC09297.JPG
posted by syouryu at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野りょう
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)