2013年07月31日

電動歯磨き

胃が無くなって、粉砕機能は 歯 だけになっています。
歯で 噛みきれないものは、腸では消化できませんのでそのまま排出されてきます。
この頃では、枝豆 や ブドウ が、それと判る範囲で 排出されています。

歯医者にも、定期的に 数か月おきに チェック してもらっています。
しかし、歯の手入れが悪いと いつも指摘されます。

歯ブラシは、常時 7,8本 使って、その時に合うのを手にしています。
また、新品の歯ブラシは、店頭で気に入ったものがあれば買うという感じで、10本以上は予備に持っています。

どうも、このままでも、歯の手入れが悪いとなると・・・・

歯の手入れにも、お金をかけてみようかという気になりました。

そこで、買ったのが、新発売された ブラウンの電動歯ブラシ ブラウン オーラルB

41zT8g2UUvL._SL500_AA300_[1].jpg

世界最高峰のトータルケア が売りでした。
最大振動数上下振動:約40000回/分、左右反転:約8800回/分
ブラシの種類が半端ではありません。
歯間ワイパー付きブラシ、着色汚れ除去ブラシ、歯間用ブラシ、ベーシックブラシ の四種類。

これは、確かに、歯ブラシという概念を代えてくれました。
歯全体を包み込んで磨いていくという感じです。
一番強力なモードにすると、極端にいうと、顎が外れそうです。
ちょっと、たいそうですし、持ち運びも 不便。

そこで、同じ ブラウン で探しました。
千円で、ありました
31mtNE01AQL._SL500_AA300_[1].jpg
これで、機能的には問題ないと思います。
先のブラシは、代えればいいだけでしょうか。
電池式なので、外出時にも、持ち運びも 便利です。
posted by syouryu at 11:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 胃全摘、4年目

2013年07月30日

キスゲ も さまざま

キスゲ というと、西洋のイメージはわかないのですが・・・

以外と、品種改良されているよう
珍しい色のも・・・

DSC09821.JPG

DSC09823.JPG

DSC09828.JPG

昨日は、今年初の ビアーガーデン に行ってきました。
胃全摘後は、自分から進んで行かなくなったビアーガーデンですので、疎くなってしまっていました。
ビールは、自動注入器で ジョッキ に 自分で注ぐんですね。初めてみた器械だったので、新鮮な驚きでした。
これって、自宅用に買えるんかなあ〜

車の車検が切れるので、くるま 買い替えました。
あるとき、オープンカーに 初老の男性が一人で 運転しているのをみて、カッコイイ なあ、と感動しました。
自分も、ああいうカッコがしたいものだと、思い続けて、実現しました。

47891.JPG
買い替えれる範囲の 中古 ですが、運転が慣れなくって 肩こりしたりしています。

posted by syouryu at 11:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の生活

2013年07月27日

お茶を習いだしました

キスゲ の色々が 公園に咲いています。

DSC09838.JPG

ニッコウキスゲ とか エゾキスゲ とかいうので、日本人好みの花かと思いきや、西洋人にも人気で、品種改良されている様子。

DSC09816.JPG

DSC09805.JPG

DSC09819.JPG

最近、お茶のお点前を 習いにいっております。
抹茶は 好きというレベルで、大寄せの茶会 程度でしたが、今年は初釜にお呼ばれして、これではイカンと思い立ったわけです。

この歳での手習いは、新しい事の習得という 学習の機会ですので、楽しいものです。
甘いものもすきなので、お茶菓子をいただくのも楽しみです。
posted by syouryu at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の生活

2013年07月25日

胃全摘の術後死亡

この 夏の暑さの中で、頑張っている 生き物たち

ツバメ ちょっと焦点がボケました
48621.JPG

鴨の 親子

75375.JPG

123654.JPG

この暑さの中で 開催されていた、日本消化器外科学会

そこで、公表された 胃全摘術後死亡。
2011年、1623施設、2万11人の手術成績によりますと、

術後30日以内の死亡率は 0.9%
術後90日以内の手術l関連死 は 2.3%

日本では、胃全摘手術を施行して、100人に 2人は、亡くなるという事です。

さて、多いとみるか、少ないとみるかは、価値観と立場によって違うでしょうが・・・

胃全摘手術の成功例が報告されたのは、日本では、1918年ですから、100年も経っていないわけです。
その後も、生きるか死ぬかの 大手術だった時代があったわけで、イヤ、今でも大手術であることに変わりはないですが。
しかも、全摘しても、その後、生き延びれるという数少ない臓器です。

よく生き延びれたなあ という感慨に、あらためて、浸っています。
posted by syouryu at 10:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 胃癌について

2013年07月24日

最近の三匹達

3匹そろって、というか、ばらばらというか、食事中DSC09985.JPG

居間で、それぞれ寛ぐ 猫たち
DSC09988.JPG

45897 - コピー (2).JPG

猫部屋で 長椅子でくつろぐ3匹  
DSC09983.JPG

DSC09926.JPG


夜中に、仲良く、かたまって睡眠中の3匹、
フラッシュを点灯して撮影しているので、だれた姿勢で写ってしまいました。
741 (2).JPG

なんだかんだで、いつまでも、仲のいい母兄妹 です。 
我が家に来て、もうじき、3年。元気で、居てくれました。
posted by syouryu at 20:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 猫のこと

2013年07月23日

今年の天候

今の空を見ていると、秋空かと思うときもあります。
47896.JPG

7月末とはいえ、秋のおと連れは、早すぎるでしょう。

一方で、毎年は クマゼミの鳴き声で、朝は、ゆっくりと寝ていられませんでしたが・・・
今年は、クマゼミ がおとなしい。毎年、鈴なりにとまっていた 姿がない。
クマゼミが、激減しているように思えるのですが・・・

植物層は、変わりがないような

セコイア の林
DSC09866.JPG

メタセコイア の林
DSC09874.JPG

アカマツ の林
DSC09885.JPG

クロマツ の林
DSC09886.JPG
posted by syouryu at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の生活

2013年07月21日

選挙が楽しみです

選挙が楽しみといっても、投票所に行くのが楽しみ。
投票所は、60年前に通いだした 小学校 なのです。
ご時世ですので、こういう時しか、おおぴらに 母校の中を散策できません。

小学校は、まったく変わっていません。

しかし、60年経って、僕は、すっかり変わりました。

小学校入学前に、自宅で記念撮影
terutyaka6_edited-1.jpg

ベランダの ノウゼンカズラ にきていた 徳利蜂(とっくりばち)DSC09957.JPG

この蜂の 姿は、徳利 よりは、瓢箪だろうと思いますが・・・
DSC09766.JPG

DSC09761.JPG


トックリ に似ているのは、姿ではなくて、巣の形が トックリなのです。
posted by syouryu at 12:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の生活

2013年07月19日

猫の 奇態、擬態?

公園の メタセコイア は、涼しげです。

DSC09900.JPG

我が家での、猫の 奇態

以前に 紹介した 幽霊猫
123456-thumbnail2[1].jpg


アクロバット猫 上下に足が、間に手と顔
789.JPG

イモリ猫  イモリに擬態して 壁に張り付いています
456.JPG

この7月から、約10年続けてきた 某有料老人ホーム への、訪問診療を 辞めさせてもらいました。

営利企業である施設側との 立場の違い でしょうか、医療に対する考えが、僕とは大きく異なっていました。
文書で、当方の考えも 申し上げましたが、言下に否定されましたので、相互コミュニケーションができず、かなりのストレスでした。
一番迷惑したのは、もちろんのこと、入所者である 患者 さんたちでしたが。

そのおかげで、時間的制約は少し楽になり、唯一の精神的ストレス は、消失しました。
爽快な夏を送れそうです。
posted by syouryu at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2013年07月17日

くれない というアジサイ

紅 くれない というアジサイ。

小さな花をつけますが、花が咲いている時に、巡り合うのが難しい。
今年は、巡り合いました。

DSC09895.JPG

DSC09893.JPG

DSC09889.JPG

可憐 という表現を超えて、妖精のような 花です。

また、話しは 戻りますが、「わたしを離さないで」

DVD では、二年前に観た印象とずいぶん違っています。
もう一度、DVDを観ますと、映画から、省略した部分がいくつかありました。
二年前に観た映画から思い出すのですから、我ながら、記憶力に驚きです。

重要な内容での改正がありました。
介護人キャシー が 提供者 トニー の介護人であることが 二人の逢える唯一の接点なのですが、家族生活ができないもので・・・・

トニー は、四度目の提供をまえに、キャシー を介護人から外します。
まあ、別れる、離婚する という意味合いですが、DVDでは、描かれていません。
したがって、DVDでは、同じドナーであっても、介護人と提供者との微妙な関係が、描き切れていません。
映画では、しっかりと、映像化されていたのに・・・

それと、気づいたことがあります。
キャシー は、提供者の介護を続けてきて、12年目に、第一回の提供の通知が来ます。
12年も、過酷で、孤独で、夜も寝られない、生活をつづけました。
けれども、提供者にならずに、介護人を選べるという特典をもった優秀な介護人を 続けられました。
キャシー には、特別な 当局の配慮があったのかもしれません。




posted by syouryu at 12:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2013年07月15日

肥り過ぎの猫たち

いただいた、猫のブローチ
DSC09920.JPG
この ブローチの TPO は、難しそう・・・
これほどで無くっても、我が家の猫は、肥り過ぎと指摘されます。

長男の やまと は、2か月の孫よりも、でかい。
そこで、また、ダイエットに挑戦してます。カリカリの量を、半分にしてます。
この連休中は、半分にしても、普段と変わりようがありません。
2日休めたので、リセットして、猛暑に立ち向かいます。

向日葵を 自宅に飾ってみました

DSC09745.JPG

外では、芙蓉 の花が 美しい

DSC09800.JPG

DSC09787.JPG

僕の好きな花 酔芙蓉は 同じ芙蓉でも、夏の終わりごろに咲きますね。
posted by syouryu at 11:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2013年07月14日

黒猫の幽霊

456879.JPG
W君の一才の誕生日、6月28日

真似をして、我が家の猫で・・・と考えたんですが・・・・
猫は、すぐに起きて体勢を変えるので、できません。

そこで、画像処理で 我慢しました。

黒猫の 幽霊 、お岩さんの 真似をして、片目
123456.jpg
あんまり、怖くない って???


公園の植物園 では、ハスの花が満開です。
DSC09916.JPG

DSC09915.JPG


この植物園、僕は無料です。
行政というのは、訳の分からないことを、よくします。
無料にすることはないだろう・・・高齢者でも、料金を取ればいいじゃないか、と思います。

そうかとおもうと、税金が払えないからと、自宅を差し押さえる・・・
そりゃー、怒るでしょう、生活できなくなるんだから。
税金の差押えは、生活や仕事の根幹の部分には、決して、してはならないと思います。

税金を回収できないだけでなく、恨みを遺す。
やむを得ずに、税金が払えなくなることなんか、犯罪ですかね、差し押さえるほうが、犯罪ではないでしょうか。
別に、宝塚市役所 の焼き討ちを 擁護しているつもりは、毛頭、ありません。

posted by syouryu at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと

2013年07月12日

猛暑の中の猫たち

猛暑が続いています。
暑さも中途半端ではありません。

暑さを感じれるのは、まだ若いのだと思います。
高齢の方は、あまり暑さを感じないようで、パッチを履いていたりします。

この連日続く暑さで、我が家の猫も、こんな感じです。

昨日の朝、出かける前に

3匹そろって、猫部屋に
4562.JPG

普段は、エアコンをつけた部屋にはいないのですが、朝に、エアコンをつけると集まりだしました。
夜中は、熱帯夜だったようですので、くたばっていたのでしょう。

猫部屋の 猫タワー に横たわる やまと と グリ
753.JPG

今朝の、猫たち、やっぱり グロッキー気味でしょうか・・・
__.JPG
posted by syouryu at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫のこと

2013年07月10日

暑さは、命を縮めます

夏の花

ハイビスカス
DSC05144.JPG

ハス
DSC05127.JPG

???
DSC05145.JPG

梅雨明け後の、この暑さは、凄い。
さすがに、高齢者には、耐えがたい季節なのだと思います。
この6日間で、4人の方を見送りました。
しかし、当の高齢者は、暑いと感じていないようです。
往診先で、これから散歩に行くという人がいましたので、止めるように強く警告しましたら、逆に、怒られました。

僕自身も、現状の仕事量を、いつまで続けられるのかと、フッと 不安になることがあります。
死ぬことを恐れたり怖がることがない年齢に達していますので、逆に、石ころみたいに、ひとりぼっちで突っ走るという生き方に徹しようかなと思っています。

先日、食事をご一緒した 若者たち
123.JPG
この日人たちの様には、突っ走れそうもありませんが・・・・・
posted by syouryu at 18:03| Comment(4) | TrackBack(0) | どう生きようか

2013年07月08日

「わたしを離さないで」 のDVD

ちょうど、2年前、胃癌で闘病中だった、今は亡き kom さんが推薦していた映画 「わたしを離さないで」 を観に行ってました。
この映画は、好きものでないと行かないというような、宝塚の小劇場で上映されていました。
今回、DVD が売られていたので、千円以下だったので、買って観ました。

英国の作家 isiguro の原作 ですが、本人は、日本ではなく、英国育ち。
偉大な大英帝国の文明をそのまま体現しているようですが、人間の価値観には、日本人の心象が色濃くにじみ出ている印象を受けます。

「イシグロの世界が完ぺきだから、彼の言葉を変えることは危険だと思った。主人公がいかに優雅に悲しい運命を受け入れるか、その威厳ある姿勢がいと思った。西洋、特にアメリカだと『何で主人公は逃げ出さないのか』という質問が多いけど、やはり日本ではそういう質問は出なかった。」 と、監督は述べていました。

主人公の キャシー は、三十路で、11年目の優秀な介護士。
この二人の、甘くも切ないラブストーリー なのですが・・

asub1_large[1].jpg
その二人は、クローンとして、培養された、ドナー。
ドナーとなって、ターミナルを迎える「人」の生きざまを描いています。

特殊な設定と、特殊な生き方 を描いたようにみせながら、人 のありようを赤裸々に、しかし、抑制しながら描いてみせた秀作。

クローン は、なぜ生まれてきたのか、誰のために、何を提供して死んで行くのかも知らされない。
しかし、それこそ、全ての現代人の、生きざま、そのものではないだろうか。
我々も、なぜ、生まれてきたのか、何の使命を与えられているのか、何を、誰に、何を提供して死んでいくのか、知らないで、生きている。
しかし、死んでいったものは、我々に、提供し終わったからからこそ、死んでいったのであり、生きているものは、提供し終わっていないからこそ、生かされているのではないか。

komさん の 当時の感想は、

「死は不可避であり、時間は限られている。
その事実を意識せざるを得なくなった時に 何を最優先にするのか、極めて美しく、穏やかに描かれている。
今という時間がどれほど貴重な時なのかを教えてくれる。」


この 作家 イシグロ は、間違いなく、ノーベル文学賞を受賞するだろうなぁ、と確信してます。

posted by syouryu at 11:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の生活

2013年07月06日

歯が命 なのに・・・

バリ旅行 の報告は、すでに終わったと考えていましたが・・・

こうやって、海の中に潜って、熱帯魚の観察をしたりもしました。
画像 132.jpg

バリでの食事以降、奥歯の調子が悪いもうやだ〜(悲しい顔)
DSC08961.JPG

奥歯で、ものが噛めなくなって、どうしたものかと思っていたのですが、歯医者に行きました。
すると、奥歯 の歯が欠けているとがく〜(落胆した顔)
固いものを噛むと、歯が欠ける・・・そんな事が起こるようになったんだと、自己年齢を再確認しました。
とともに、バリの食材は、固いんだと、再認識しました。

胃が無いものにとっては、歯が命 ですのに・・・・・
まだ、というか、幸運にというか、親知らずを 除いて、全ての歯が揃っています。
posted by syouryu at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年07月03日

コンサート・ツアー in 関西

 バリで咲いていた 花
DSC09345.JPG

知人の造った、我が子の 「一歳の誕生日記念」
456879.JPG

河野りょう は、6月の八か所の東京ツアー を終えて、7月は、関西でのツアー

予定表を挙げておきました。
なんで、寺田町や塚口でするのか、分かりませんが・・・

2013年 7月16日(火)
  • 大阪:酔夏男 080-4019-8442
  • Open 18:30 Start 19:00
  • Adv 2,000円/Day 2,500円 Drink別
  • ※河野りょうの出演時間20:10〜
2013年 7月17日(水)
  • 京都:ROOTER×2 075-811-4158
  • Open 19:00 Start 19:30
  • Adv 2,000円/Day 2,500円 Drink別
  • ※河野りょうの出演時間20:30〜
2013年 7月19日(金)
  • 大阪:Fireloop2001 06-4305-2236
  • Open 19:00 Start 19:30
  • Adv 1,500円/Day 2,000円 Drink別
  • ※河野りょうの出演時間20:40〜
2013年 7月20日(土)
  • 尼崎:Blanton 06-6421-5006
  • Open 未定 Start 未定
  • Adv 未定/Day 未定 Drink別
  • ※河野りょうの出演時間未定
2013年 7月22日(月)
  • 神戸:WYNTER LAND 078-252-8030
  • Open 18:30 Start 19:00
  • Adv 2,300円/Day 2,800円 Drink別
  • ※河野りょうの出演時間未定
2013年 7月24日(水)
  • 大阪:LIVE HOUSE D' 06-6367-6060
  • Open 17:30 Start 18:00
  • Adv 2,500円/Day 3,000円 Drink別
  • ※河野りょうの出演時間未定
posted by syouryu at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野りょう

2013年07月01日

リビングウイル

今日から、7月。
庭先でも、夏の花の装いです。

47925.JPG

452875.JPG

 
2010年5月7日 のLiving Will の 記事で、生意気なことを書いてました。

「医者ばかりか宗教者の間でも、死ぬこと 即ち ターミナル・ケア と看做されている昨今です。死に直面してから、死を超克するのを援助する、ターミナル・ケア ではなく、普段の日常生活でこそ、超越した存在を生きることが、永遠の存在へと結びつくように思います。

死後の世界を、死んでから生きるのでなく、今この瞬間にこそ、生き尽くすことが大切と考えます。」

この考えに、微塵も変更はないのですが、ここで書いている リビングウイル には、かなり変更点が出てきています。

現在の リビングウイル・・・・・・・

病院終末期の医療・介護についての意思表明ビル

 私が、現代医療で治癒不能と判断された場合で、自分の意思を表明できる限り、私の終末期の医療・介護に対する方針は、私の意思を尊重してください。
意識を失うような状態におちいったり、意識はあっても自分の意思を伝えることができない状態となった場合に備えて、以下に、私の意思を表明します。

私が自分の力では水も飲めず、食べ物も食べられなくなったら、無理に飲ませたり、食べさせたりして栄養補給をしないで、自然に任せてください。
私が自分の力で呼吸ができなくなって、回復の見込みのない酸素吸入や人工呼吸装置の装着はしないでください。また、末梢、中心静脈点滴などの、経血管的治療は、施行しないでください。
私の苦痛を緩和する治療や介護をしてくださるなら、喜んでお受けします。たとえば、必要な範囲での鎮痛処置、尿と便の処理、清拭などは、していただけると嬉しいです。

この意志表明に基づいてなされた行為の全ての責任は、私にあります。
この意志を尊重していただいた医療・介護スタッフの方達には、刑事、民事、倫理上の責任は、一切ありません。
 最後に、私の意志を尊重していただき、看取っていただいた方々に、心から深く感謝を申し上げます。
  

posted by syouryu at 17:02| Comment(6) | TrackBack(0) | どう生きようか
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)