2014年04月29日

高いところへ・・・・

ホーチミン最高層を誇るビテクスコ・フィナンシャルタワー。高さ262メートル、地上68階建て。その49階に位置するスカイデッキからはホーチミンを360度一望できました。
DSC01833.JPG

ハスの花を、イメージしているそうです。
高層に出っ張っているのが、ヘりポート・・・どんな局面で使用するのでしょうか。
地震は起きないという土地柄ですし・・・

DSC01883.JPG

ホーチミンのどこにいても、目印に、もちろん、夜も。

DSC01950.JPG

こんな感じで、ちょっと、めまいがします
DSC01755.JPG

サイゴン川も、この通り
DSC01763.JPG

サイゴンを初めて訪ねたときは、20年前になりますが、まだ、発展途上でした・・・・

40年前には、侵略軍アメリカが敗北し、雪崩を打って敗走したのと同じ場所に立っています。
このタワーが、ベトナム発展の象徴となってほしいものですが・・・
ベトナムは、近代工業国家としてでなく、農業を主体とした新たな国家を打ち立ててほしいものです。




posted by syouryu at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム旅行2014

2014年04月28日

ホテルの前が、騒々しい

写真.JPG
今日、飛行機に搭乗して、明日には、帰国予定です。
ところが、サイレンが鳴り響いて、騒々しい。窓からみると、バイクの人も、此方をみている。



人が、吊るされておりてきました。
しかし、みんな、落ち着いている?

避難訓練だそうて、ひと安心。
posted by syouryu at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム旅行2014

2014年04月27日

ホーチミン、タクシー事情

ここホーチミンでは、ほんの何年か前でも、タクシーが、料金を誤魔化したりしていたものでした。

今回、ダナンからホーチミン空港に到着した際にも、タクシーの心配が多少ありました。

しかし、タクシー乗り場に行って、様子を眺めていると・・・
タクシー乗り場の奥の方では、待っているタクシーを尻目に、待ち客の行列が出来ています。

ここには、特定のタクシー会社の職員がいて、客と乗った車の記録を取りながら、行き先を指示しています。

これなら安心安全というわけで、
このタクシーは、
白地に赤線があって、38 27 27 27 VINASUNTAXI
 の表示があるのと
写真 1.JPG


緑色の車体で、38 38 38 38 MAILNH GROUP
の表示がしてあるのでした。
写真 2.JPG

これ以外は、乗らない方が、無難でしょうか。

今日で、禁酒5日目。
単に、思いつきだけど、アルコール依存が無いか、確かめたかった事だったかもしれません。
posted by syouryu at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム旅行2014

2014年04月26日

アルコールを断つ

写真.JPG
もう一つ、ベトナムらしい風景



この旅行中に、何を思ったのか、アルコールを断つことを、決意しました。それで、アルコールを断って3日目になります。ソーダ水で我慢、我慢。
posted by syouryu at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム旅行2014

2014年04月25日

ホイファンにて

写真.JPG
ベトナムらしい風景



ここは、涼しい。
ホイファンは、1,2時間で廻れるほどの処。かっての海のシルクロードの拠点だった面影が色濃い。
ベトナム中部特産の沈香を売る店が多いのだけど、大きな香木を買う勇気が無いので、木片にした。
posted by syouryu at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム旅行2014

2014年04月24日

ホーチミン到着

持っていた文庫本、飛行機の中で読んでしまいました。着いた空港は、広く感じた
image.jpg 
そして食べた、パイナップル焼き飯
image.jpg
南国のあじです。おいしいけれども、たくさんはもり

posted by syouryu at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム旅行2014

2014年04月23日

明日に、ベトナムに行ってきます

DSC01160.JPG

いよいよ、八重桜も、咲き治めです。

続いて、ハナミズキ が咲きだしています
DSC01156.JPG

赤のハナミズキも きれいです。
DSC01149.JPG

いよいよ、明日、ベトナムに 出発。
この連休前が、一番 安かったので、この時期の スタッフ旅行となりました。
ベトナムも、何回目でしょうか。できれば、今回は ダナンや ホイアン にも、足を延ばしたい。
しかし、直前まで、バタバタ です。 4月の時期の旅行は、ちょっと、無理があった様な気もします。
posted by syouryu at 16:56| Comment(3) | TrackBack(0) | ベトナム旅行2014

2014年04月21日

シャガ の花

シャガ  別名 胡蝶花
DSC01182.JPG


春先に群生しているのを観ていると、美しい花と思います。
しかし、大事に栽培されているという風が無い、不思議な趣のある花です。
軒下や大木の下など薄暗いところで、自生していますが、地下茎によってしか殖えません。
秋に咲く 彼岸花 と同じで、人がかって植えたことが推測されます。
人によって、栽培されてきたのに、花言葉は、抵抗、反抗。
これも、彼岸花 と同じく、嫌われそうな 花言葉です。





posted by syouryu at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の生活

2014年04月20日

ゴールデンウィークの準備

ようやく、用事の無い週末を迎えても多忙。

ゴールデンウィークは、孫たちが勢ぞろいするというので、来週は、旅行で居ませんので、今日しか、準備の時間がありません。

孫達の晴れ着を用意しました。
女の子には
41S7gHXzvYL[1].jpg


男の子には
51gPbjuTN3L._AA300_[1].jpg
親たちにウケてくれると嬉しい。

それと、迎える料理のレシピを整理してました。
久しぶりに、大技に挑戦しようかなと。趣味が料理という事を示したいです。

一家が、泊まるというので、ルンバ も動員しての、大掃除。
残念ながら、天気が悪く、ひなた干しができません。
 そこで、布団乾燥機で、ダニ退治。 猫部屋も 綺麗にして、毛玉も退治。

客人が座れる ソファ ・・・・
猫にも、ルンバにも、これがよいと思いました。
unico cage ソファ、unico の店頭には、まだ出ていない、ということなので、オンラインで注文。
さて、間に合うかどうか、微妙です。
103601080012_sub1_m[1]_edited-1.jpg
一方で、ベトナム旅行の荷造り完了。
posted by syouryu at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2014年04月18日

ハロン の今日一日

ハロン母さんの 今日一日 はというと、

まずは、仏壇に 、合掌はできませんので、礼拝 で。
DSC01003.JPG

つづいて、ベランダの 点検。 鳩は、いないかなぁ。
DSC01046.JPG

夕方には、テレビで 一休み・・・・
DSC01029.JPG

僕はというと、月末はベトナム旅行、ゴールデンウィーク前には帰国して、と。
ハードスュケジュールだと、胃が無い悲しさ。
食欲が落ちて、消化吸収が うまくいきません。

そこで、度々登場している 朝鮮のお粥、参鶏湯 の登場です。

冷凍した、もち米100%の赤飯、クコの実、銀杏の実、大根 に手羽先 をいれて、圧力鍋に 20分。
もう、噛まないでも、そのまま消化吸収されそうなぐらいに トロトロ です。
DSC01143.JPG

あと、朝鮮人参と栗の実があれば完璧ですが・・・・・
posted by syouryu at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2014年04月15日

happy birthday

happy birthday 、ただし、ボクではありません。
741.JPG

本町は、ウツボ公園 に隣接した、ローザ・ネーラ

本格的イタリアン です。
ここんとこ、貧弱な食事だったもので、久しぶりに堪能しました。

高級感がありますが、一人でも、気楽に入れます。
二階には、小部屋もあって プチ パーテイ もOK.
最近、ハルカス にも 出店したとか・・・

まずは、材料の 選定 から
1213.JPG

面倒なら、シェッフ にお任せ でも

メインの 魚料理は、ブイヤベース
159.JPG

肉料理は、宮崎産牛
852.JPG

パスタは、巻貝 で、まわりに からすみ
649785.JPG

いつも、このお相手いただいている 女性 よりも、沢山は食べられません。
その分は、ワインで 取り返しています。
posted by syouryu at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年04月14日

もう一度、これはアカンやろ〜

すっかり、八重桜も 満開
__ 2_edited-3.jpg

ヤマブキも 満開
__ 3_edited-2.jpg

グミの身も色づいてきています。
__ 1_edited-3.jpg

先の、村上海賊の娘 、アマゾン レビュー でも、さんざんに こき下ろしましたところ、参考になったというポチが入っていて、我ながら ビックリ。
同じように思う人もいるのだなア、と ひと安心です。 ワンピース といい、海賊ブームなのでしょうか。

完全な創作ならまだしも、歴史小説ですから、実名も出てくることですし、史実に基づいてほしいものです。
NHK の大河ドラマ も、戦国の殺し合いが好きなようで、人というのは、残虐なものです。
しかも、NHK では、石山本願寺 の場面で、あろうことか、阿弥陀如来 のつもりで、釈迦如来を配して、噴飯を通り越して 大笑いでした。
如来像は、印相によって区別するのですが、そういう事すら頭にない人たちが、日本の歴史ものを造っているんですね。

これはアカンやろ〜 と思っている事が、他にもあります。
胃癌ブログ ですので、ブログランキングに参加しておられる方々の ブログには、目を通すようにしております。
どう考えても、胃ガンのあとの食生活としては、どうかなと、というのが 散見されます。

たしかに、食餌療法によって、胃ガンの再発を防ぐことはできないと、書きました。
だけど、胃全摘した後には、それなりの食事をとらないと、消化吸収しませんので、体重が増えません。
そういう意味での、食餌療法は、必要不可欠だと思います。
癌の再発を防ぐという意味での、菜食や玄米食 は、胃全摘後の食事としても不適当ではないでしょうか。
また、好きなものを好きなだけといっても、外食を続けたり、油ものを摂取したり、お酒を過度に飲んだりとかは、体重増加には結びつかないように思えます。

とかいって、来週は、ベトナムですので、ベトナム料理が待っています。
posted by syouryu at 10:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年04月13日

村上海賊の娘、これはアカンやろ〜

本屋大賞 とかを、受賞したというので読んでみました。
村上海賊の娘  和田竜 著

51pqEfev-wL._SL500_AA300_[1].jpg51bf8miYZEL._SL500_AA300_[1].jpg


三島大社の 鶴姫の事かと考えていたのですが、史実に基づかない 架空の 「景 という醜女」 を 主人公とした 歴史ものを装った筆者の創作物語です。

一読して、吐き気を催しました。

村上海賊 といい、真鍋海賊 といい、海賊といえば、どんな残虐なことをしたかを書いてもいいのか。 何千、何万の人々が無造作に殺されていく。そして、リアルに、映画を見ているように、具体的に人間がなぶり者にさらされ、首をはねられていく。
こういう物語が、面白いなどと、日本人は、そんなに残虐な種族なのか、と戦慄しました。

石山本願寺 を奪おうとする織田、泉州、真鍋連合軍に対する 毛利、村上連合軍。
史実に題材をとった海戦ですが、 真実を書いているのかどうかも分からない古文書を、都合よく並べ立てた筋書。

海賊といっても、日本の海賊は水軍で、西洋人の云う いわゆる海賊とは無縁の存在です。西洋の海賊は、髑髏旗をたてますが、日本の水軍は、家紋をはためかせます。
村上海賊 などとは、呼称せず、村上水軍 というのですが。 
石山本願寺 の門徒に対する表現に、浄土真宗に対する 風評に基づく偏見 があちこちに表現されています。教主に対しても、戦闘に参加する農民の門徒に対しても、現代人の持っている合理的な常識からする、宗教的偏見を煽っています。
この小説では、門徒 や 海賊 に対するいわれなき中傷を述べ立てて、面白がっているようで、不愉快です。

著者には、人の命に対する慈しみも、宗教的素養も感じられません。
とても、見識ある人が、書いた小説とは思えません。
どうして、本屋大賞を授与したのか、その見識すら疑います。

そこまで言って、よくも、読了したものと・・・・・
実は、先祖が村上水軍に 関わっていたので、ちぃらっと、名前も出てきましたし。
親鸞の 教行信証 が愛読書で、今度の 旅行にも携帯します。
ので、死して極楽に往生などと、戯言をいわれるのも、ちょっと。 


posted by syouryu at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴耕雨読

2014年04月12日

胃全摘後、6回目の海外旅行

もう、来週になりました、ベトナムはホーチミン に出かけます。
ゴールデンウィーク の直前、旅行代金が 最も低額になる時期を選びました。

十数年前に、初めて観たときの メコン川
ベトナム016.jpg

何年前の光景でしょうか。ホーチミン でも、こういう風景がありました。
DSC02165.JPG

今は、バイクが疾走して、天秤棒を担いで物売りもできないでしょうか。

胃全摘してから、出かけた海外旅行も 6回目。
ベトナム、ボルネオ、チベット、台湾、バリ と、アジア ばかりですが、根性で出かけてきました。
同伴者が、次々と 下痢嘔吐 で倒れる中、なんとか凌いできました。

胃がないと、飲み水の殺菌消毒能力が低下してますので、僕は、飲み水は 国内から持参してました。
今年は、ホテルも 中級どころ なので、ホテルから出される、現地の ミネラルウオーター を飲んでみようかなと、考えています。
posted by syouryu at 11:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム旅行2014

2014年04月11日

Wiener Kammerensemble

ウィーン室内合奏団 の 公演 行ってきました。

WKE[1].jpg
ウイーン といえば、モーツアルト
モーツアルト といえば セレナーデ
セレナードのニ曲、アイネ・クライネ・ナハトムジーク と ロードロン・セレナーデ

あとは、くるみ割り人形 そして シュトラウス父子 のウィーン・ワルツ

馴染みのある曲で、BOXでは、聞きごたえがあり、十分に楽しめました

その前に、フェスチバルホール の地下一階で 簡単に食事。

マーノ・エ・マーノ 

sample.jpg

イタリア料理です。 
フェスチバルホール の地下一階にある 食事処としては、一番に、お奨めでしょう。
正面から見ると、狭そうで、入りにくいですが、中は、広々しています。

mainimage0[1].jpg

マルゲリータ は、パン生地が厚手で香ばしく 美味しかったですね。

二人分で、五種前菜、野菜畑サラダ、マルゲリータ、パスタ、
お腹いっぱい食べて、その後で、コンサート に行けるほどに、お腹の調子は良いです。
posted by syouryu at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2014年04月10日

ミツバチが 引越し

 八重桜も 満開に近くなりました
12357.JPG

桃の花も すっかり 咲きだしています
__ 3.JPG

前回のブログで 紹介しました 墓穴 のミツバチ
開けてしばらく様子を見ておりましたら、みんな、そろって どこかに引越しました。
ミツバチの 分蜂の季節なんですね

遺して行った、つくりたての 蜂の巣 と 取り残された ミツバチ達

__ 1.JPG

それでも、触覚 を合わせて、会話する 二匹
__ 2.JPG
posted by syouryu at 09:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の生活

2014年04月09日

我が家の猫のお気に入り写真

!cid_9BE4.jpg

3匹でのハートマーク。前出ですが・・・
左上 がグリ、右上が やまと、下が ハロン母さん
子供たちに、お尻にくっつかれて 困り顔の ハロン母さん です。
どこで、3匹の区別がつくのかって? 全身の雰囲気ですね。

こうして、くっつくのは、微笑ましいですが・・・

困ったくっつき方をしている 方々も、

我が家の 墓の 墓穴に巣つくり中 のミツバチ集団
456789.jpg

ミツバチの巣箱には入らず、墓穴に入るとは、

ご先祖様のお骨が、ハチミツまみれになってしまいます。


posted by syouryu at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のこと

2014年04月07日

温熱療法について

DSC06702.JPG

再掲になりますが、寒風吹きすさぶ 前の、今年の 桜

癌への効果として、食餌療法、代替療法、インターネットで宣伝されている免疫療法 は、効果が無いと いいきってしまいました。
もちろん、個人的な感想ですよ。個人的な評価を加えるしか、客観的な万人を説得できる根拠がないのですから、致し方のない事です。

それでは、温熱療法は、どうでしょうか。
大きな釜のようなものを 体表に充て、腫瘍部分を 40度あたりに温めて、癌細胞だけを死滅させる治療法です。
癌細胞は、熱に弱いという事が根拠で、健康保険が適用されています。

実際の研究もあったりして、たしかに、温熱療法をした直後は、癌は縮小しました。
家内は、小児頭大の 巨大な腫瘍が 露出しておりましたので、これが、縮小していくのは、効いたような感じです。
実際に行ったうえの感想ですが・・・

まず、熱さにたえる忍耐と体力がある事が前提です。
家内の場合には、
とにかく、癌組織を壊死させたので、血管が露出し出血傾向が増大しました。
そこで、出血を抑えている間に、見る間に、今まで以上に癌細胞が増大します。

一時的には抑えるけれども、再増殖のスピードを速めたように思えます。

短期的に見れば、効果があるように見えます。
一ケ月単位でみれば、効果あり。しかし、数か月単位では、逆効果、というのが 温熱療法に対する 僕の 評価です。

できる人には、化学療法 や 放射線療法 と 併用してもいいかなとは思いますが、主治医と相談することが肝要です。






posted by syouryu at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年04月06日

一光三尊佛御開扉

親鸞 教行信証
を、愛読しだして、一番に気に入って、今読んでいるのが、真宗高田派聖典 中の 教行信証。
この 聖典には、註がないのです。
註があると、意味を校正者の方向に向けられてしまいます。
ようやく、教行信証 を判りだしたように思え、気分が高揚する今日この頃です。
この、公正な校正者 の 元をいずれ訪れたいと思っておりました。

機会が出来ました。
高田派専修寺 で行われている、親鸞聖人直拝 と伝わる 一光三尊佛 の 17年に一度の 御開扉。 行ってきました、オープンカーで、三重県津市一身田町まで。

DSC01138.JPG

親鸞 の関東布教直弟子直系の流派だけあって、見事な 御影堂の伽藍です。
解説者によると、東大寺、本願寺、知恩院、三十三間堂 に次いで大きな木造建築だそうです。

晴天と思いきや、先週の大徳寺 と同じで、急な雨
DSC01121.JPG
雨空にそびえる 二層式の 如来堂

来たかいがあって、親鸞 直拝、一光三尊佛を 拝せました。
PK2014040302100176_size0[1].jpg

正直、遠目でよく観えなかった。三尊 と言われればそうかなあ、ぐらいです。
また、今度、17年目の時は、バレー鑑賞のように、オペラグラスを持っていこう。

仏像鑑賞は、何十年来の趣味なのですが、最近は、有名どころは、ほぼ観つくしたと思っておりましたので、仏像鑑賞の時は、頭につける電池と双眼鏡が必需品だったのを忘れてました。

posted by syouryu at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 教行証文類

2014年04月05日

免疫療法はどうよ・・・

__ 1_edited-2.jpg

ブログ村 に登録しております。
そうすると、ブログ村の 画面には、よく免疫療法の宣伝画像が張り付いています。

いわゆる、NK細胞療法、樹状細胞療法、リンパ球療法 などなど・・・・

これはですね、はっきりいって インチキ 、 効果無いと思います。
上記の いわゆる 能動免疫を誘発する 単純な免疫療法では、抗腫瘍作用は 芳しくないのが現状です。
こういうたぐいの 免疫療法の誇大広告が法令に違反しないのが不思議です。

もちろん、研究によって 癌免疫療法が 外科療法、放射線療法、化学療法とならぶ、標準治療になることを期待しています。
現状では、癌免疫療法 といわれるもので、効果が確認されているものは それほど多くありません。
癌ペプチドワクチン とか 分子標的治療薬 のなかで、効果が確認されつつあるのが出てきています。
それらの 癌免疫療法と、 何とか自己細胞療法とかいう、
インチキ療法 効果の無い治療法とを混同しない事です。

__ 2_edited-2.jpg
posted by syouryu at 10:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)