2013年07月06日

歯が命 なのに・・・

バリ旅行 の報告は、すでに終わったと考えていましたが・・・

こうやって、海の中に潜って、熱帯魚の観察をしたりもしました。
画像 132.jpg

バリでの食事以降、奥歯の調子が悪いもうやだ〜(悲しい顔)
DSC08961.JPG

奥歯で、ものが噛めなくなって、どうしたものかと思っていたのですが、歯医者に行きました。
すると、奥歯 の歯が欠けているとがく〜(落胆した顔)
固いものを噛むと、歯が欠ける・・・そんな事が起こるようになったんだと、自己年齢を再確認しました。
とともに、バリの食材は、固いんだと、再認識しました。

胃が無いものにとっては、歯が命 ですのに・・・・・
まだ、というか、幸運にというか、親知らずを 除いて、全ての歯が揃っています。
posted by syouryu at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年06月25日

猿山

バリ は、ウブド の猿山
ヒンズー寺院を中心にして、サルが飼育されています。
イヤ、野性なのかな?
DSC09032.JPG

DSC09086.JPG

ヒンズー教に関連した造型でしょうか。
DSC09069.JPG

東南アジアでは、ホーチミン、ボルネオなど、出かけたところでは、いずれも 猿が観光対象でした。
東南アジアには、いろんな種類の猿 が居ました。 どうしてでしょうか、不思議な気がします。

参加者の記念写真
DSC09061.JPG
posted by syouryu at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年06月15日

ウブド

バリでは、山間部の ウブド にも行ってきました。

ここは、バリの クタ地区とは違って、芸術文化村 という感じです。
まだ、バリの伝統が残っているのでしょうか、それとも、観光客相手の 「芸術」 でしょうか。 この旅行では、よく分かりませんでした。


DSC09150.JPG

王宮前、この先に、ウブド市場 という観光客目当ての お土産屋がならびます。
体よくいえば、バリの雑貨屋街

DSC09127.JPG


田園も残っています、というか、この地域の主要産業が 観光に次いで、農業です。

DSC09159.JPG

バリ舞踏 も観光してきました

DSC09222.JPG

それよりも、感銘した、アーモンドの木になる実。
食べようと挑戦しましたが、硬くって、割れませんでした。

DSC09410.JPG



posted by syouryu at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年06月07日

ジャワ島の仏教遺跡

ジャワといえば ボロブドール遺跡

Attachment-123.jpg

実は、バリに行くというのは口実で、中部ジャワの仏教遺跡を見ておきたかったのです。
実際に観て思いましたが、世界に類例を見ない壮大な遺跡です。

DSC09407.JPG

仏伝のレリーフは、見事です。
しかし、ガイドが、仏伝を理解していないので、レリーフの解説ができない。
それどころか、35度の炎天下で、毎日の仕事が過酷だと、つまらんことをいうのです。

おまけに、こちらの要求する説明ができないので、3回まわれば願いがかなう とか、いい加減なことを言う。

僕は、周回せず、留まっておりましたが・・・・同行した愚息は、それを、信用して、3回周回しておりました。
ところで、何をお願いしたの?と聞くと、仏に、〇〇〇さんの健康を、お願いしたと・・・
思わず、自分のフメイを恥じました。 それなら、一緒に周回したのに、と思いました。

プランバナン遺跡、まだ、修復途上ですというか、修復されることはないのかと思うほどの荒れようです。

DSC09259.JPG

DSC09251.JPG

456++.JPG


仏教遺跡は、それにとどまりません。
予期もしなかった、遺跡に出会いました。
チャンデイ・ムンドゥ遺跡

DSC09463.JPG

DSC09418.JPG

この仏像を見て、感動しました。

インドのベナレス近郊の サールナート(鹿野苑) の初転法輪像と、まったく同じお顔で、同じ印相を結んでおられました。
それを、言うと、この像は、サールナート の方角を見ておられるというではありませんか・・・

インドと、ジャワの人々の信仰心に感動しました。

しかも、鹿が飼育されていました。 奈良と同じです。仏教を守護する地には 鹿 が必須なのです。

DSC09319.JPG

ここに、たどり着くのに、バリの空港を朝の6時に出ました。

DSC09223.JPG

帰りは、夜中の11時を過ぎていました。それから、ルームサービスで、ナシゴレン。

そのせいでしょうか、同行した愚息は、明け方まで、嘔吐しておりました。
僕は、うがいでもしているのかと、思いながら熟睡しておりました。



posted by syouryu at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年06月05日

胃全摘には厳しい食事

これは、いわゆる ジャワカレー でしょうか。
カレーは、それほど辛くなく食べられました。
ウブド だったかなあ
DSC09171.JPG

バリに着いた当日に、勢いにまかせて注文した バリ料理
調理法は、とにかく食材のグリル と 生野菜 そして 米飯
DSC08961.JPG
これが、詰まりました。
しゃっくりと鼻水・・・・・

事前に、バリ料理店にいって、予行演習はしていたので覚悟はしていたのですが・・・

そんなで、バリでの料理の写真はほとんどありません。
どうしても、下記のような 食事 で、腹ごしらえとなります
123+++.JPG

ホテルの朝食も、行く前の情報収集では、イマイチ という評価でした。
朝は、卵とパン で十分なので、何がイマイチなのか、不思議でしたが・・・
そう、卵 も焼き方ひとつで、美味しくも、まずくもなるのですね。

そこで、日本に帰って、つくった 純日本料理

DSC09585.JPG

卵かけごはん の アナゴ丼  と 胡瓜と大葉の酢の物
posted by syouryu at 17:46| Comment(2) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年06月04日

バリ クタ地区の海岸

ホテルから、歩いて 5分

クタ海岸の入り口
DSC09006.JPG

海岸の鳥瞰 見渡す限り海岸、当たり前か・・・・
サンオイルを塗って、日光浴 という人が 居ません
DSC08986.JPG

結構、波は高いですので、遊泳はちょっとです。サーファーもいますし・・・
この女性↓ は、ポールのように、ひたすら立ち尽くしていました
123654789.JPG

夕日を見に来る人で、海岸は人だかりでした
DSC09530.JPG
さすがに、爆竹や花火を打ち上げる人はいません。
ビールを飲みながら、という人もいませんので、静かな夕闇です。

これで、食事が良ければ、まあまあ なんですが・・・
ピザハット や スタバ が満員なのも理解できました。

現地の料理は、強火で、ひたすら火をとおすというもので、外は、焼けて焦げ目がついていても、中身は半焼け状態。
それは、超高級ホテル で摂った食事も、同じでした。
泊まったホテル での オムレツ は、白身と黄身が明瞭に区別できて、とにかく 焼いたというものでした。
卵を 良くかき混ぜて、熱したフライパンで、空気を入れながら フツワァ と焼かないと、オムレツとは云わないのですが、僕の料理についての常識が覆されました。

料理の調理については、工夫して美味しく食べるという事への、こだわりが全くない国柄でした。




posted by syouryu at 10:38| Comment(2) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年06月03日

バリ、クタ地区内 ホテル

バリ での クタ地区、最初に観光地として開発されたそうです

いまでは、町並みは こんなです

Pizza Hut
DSC09532.JPG

STARBUCKSCOFFEE
DSC09018.JPG
写っている人物は、息子です。

そして、クタ地区の 中級ホテルに泊まりました
++987+.JPG

すべての部屋が、プールに面しています。

しかも、部屋の中は広い。
二人なのに、ダブルベッド と ツーウィンベッド、4人は寝れますDSC08941.JPG

残念なことに、点滴台にも
なる フックもついていました
DSC09509.JPG

旅行中、約一名が 下痢嘔吐 で 脱水に
posted by syouryu at 19:53| Comment(1) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年06月02日

帰阪しました

さきほど、帰阪しました。

中途半端なバリ島旅行は、もう、行かないと思います。職員旅行で行くところでは、なかったみたいに感じました。

高級ホテルで、完璧な保養としていくのか、バリのヒンズゥー教の伝統的芸術文化に触れるか、どちらかが、バリ旅行の醍醐味なのでしょう。
しかし、高級ホテルといっても、同じ値段でしたら、バリでなくとも、日本での、京都や東京のほうが一流の接待を受けれるように思います。  また、ヒンズゥー教の文化は、観光客におもねっているように感じました。 
インドや、ネパールでの、ヒンズゥー教の伝統には敬意を払わざるを得ませんでしたが・・・・


バリ島についた日は、雨、あめ、アメ

雨の飛行場 
DSC06520.JPG


 雨の中の クタ地区
、こういう雰囲気なんです
ヨーロッパの商業資本が満載です
DSC08972.JPG

雨に中の、女性
DSC08962.JPG
写真の美人は、現地の人ではなくって、スタッフの一人です。


バリでの、初夕食
DSC08961.JPG
美味しそうに見えました

posted by syouryu at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013

2013年05月28日

出発します

明日から、バリ島に出かけます。
しばらくは、更新できません。

ナンカ、めちゃくちゃ忙しくしていて、予定どおりに出発できるのが不思議な気がします。

スズメも、帰りを待っていてくれるでしょうか。
DSC08660.JPG

DSC08277.JPG
posted by syouryu at 21:05| Comment(6) | TrackBack(0) | バリ島旅行2013
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)