2014年12月26日

胃全適して、ちょうど5年が経ちました

自宅からの 眺め
180度 パノラマ

IMG_2038.JPG

すっかり冬枯れの風景になっています。

5年前の クリスマスの日に、胃全摘しました。
家内が 乳がんで 亡くなって、3年半 経った時でした。
その時の 気分、意識、体調を まざまざと 思いだします。

こうして、5年目を 高揚した気分の中で迎えることができるとは、思えませんでした。

昨日、思いに浸っていると、一方で、同じように 胃全摘した友人は、全摘後 2年を迎えることなく 亡くなったと知らせが届きました。

合掌
南無、南無、南無至心帰命来西方弥陀此願海




posted by syouryu at 11:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年12月18日

最後の 健診

わけの分からない植物が、公園に、
DSC07958.JPG

サボテン に模した 電飾 ですね。
夜になると、光りだします。

今月の 29日に、5年目の健診 を予約しておきました。

この5年で、新しく しだしたことは、いくつかありました。

まず、教行信証 を読破 したことでしょうか。
自分なりの理解というか、認識に達しました。

今まで、まったく関心のなかった スポーツカー に乗り始めました。

それから、最近になって、楽器 サキソフォン の演奏を習い始めました。
50年以上も前に 習っていた バイオリンの 復讐をしようと思い立ちました。
バイオリンの楽譜を見ていると、昔の記憶が蘇ってきて、快感すら感じます。いままで、こういう感覚を押し込めて来ていたんでしょう。

それと、仕事が楽しくなってきたことでしょうか。
仕事に伴う ストレスは もちろんありますが、そのストレスも、楽しめるようになってきました。
もちろんのこと、周囲には、大迷惑でしょうが・・・

しかし、胃が無いことから生じる 肉体的ハンデイ はそのままですね。
何でも食べるというわけには、いかないこと、消化吸収が悪いこと、などなど・・

でも、胃癌になって胃が無くなった代わりに得た 最大最高のものは、死が怖くなくなったという事でしょうか。
死に至る苦痛は避けられないでしょうが、死そのものは、受け入れることができるように思えます。

posted by syouryu at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年11月14日

もうすぐ、5年目の健診

紅葉の美しい 秋を楽しんでおりましたら
DSC07919.JPG

DSC07933.JPG

今日は、もう、冬の訪れが・・・
我が家から見た、今朝の 公園、冬空ですね。
DSC07985.JPG

5年前の 11月に 胃癌が見みつかりました。
こんどの健診で、放免されるのでしょうか。

忙しくなって、ブログの更新が 滞っております。
週に二回、習い事 をしていると、やはり、時間がなくなります。
一つは、茶道。 これは、日本人としての教養かと思って・・・・
もう一つは、サックス。習い始めで、音は鳴るけど、音程 や リズムはきざめないという状態。

そこで、思い出したのが、60年前(がく〜(落胆した顔))に習っていた バイオリン。
バイオリンも弾いてみたくなりました。


posted by syouryu at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年09月16日

温泉に行ってきました

食べるのは、普通の人の 7〜8割 ぐらいでしょうか。
宇奈月温泉に 行ってきました。
__ 2_edited-1.jpg

ここは、富山の越中八尾 でおこなわれる おわら風の盆 踊り のエキシビジョン を観るのが目的でした。
DSC06982.JPG

踊りもさることながら、三味線 と 胡弓 の 古典弦楽器が奏でる 調べも良かったです。

一目見たので、旅の目的が果たせましたが、つれには、全く興味がなかったようでした。

つれは、こちらのほうに
DSC06882.JPG

この量でも、食べきれない量ではありません。
温泉旅館と云うと、どう考えても食べきれないだろうという量が出たりしますが、ここは、量も加減していました。
富山といえば、白エビ 蛍イカ などの 海産物 が美味しいです。
蟹 や 鮑 もでて、満足でした。


posted by syouryu at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年09月12日

野菜ジュースを 飲んでみました

今年の 中秋の名月 
DSC06843.JPG
雲がかかっているうえに、手ぶれがあって 、ブレブレ でした。

間もなく 胃全摘5年目になります。

食事は、普通に・・と云いたいところですが、
急いで食べるという事は、できません。
食べる量も、少ないままで、バイキングにはいきません。
動物性の 脂 や、過度の香辛料 は、下痢をしますし、
葉っぱものの消化は悪く、葉っぱのまま排出されます。

ので、今までは、健康面では、胃癌が治ることが最優先でしたが、
これからのことも考えて、葉っぱものも食べないとと考えました。

そこで、巷に流行っている、市販の野菜ジュース を試しています。
トマト や ニンジン が好物でないので、野菜ジュースは、今まで飲んだことがありませんでした。

野菜100% というジュースを飲んだとたん、腸がびっくりしたのが分かりました。
グルグル と唸りだしたのです。 薄めて飲むようにしたら、なんとか落ち着いています。

こうして、食べることの試行錯誤は 続いています。


posted by syouryu at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年09月11日

あと3カ月で、胃摘出5年を迎えます

地下植えにした 直後の インド 菩提樹
DSC06796.JPG

地下植えにして、一か月。
大きくなるものです
DSC06863.JPG

この12月で、胃全摘5年目を迎えます。

胃癌になったからといっても、その個人の個性のようなものと見做して、生活をするのが当たり前の 医療の世界で生きてきました。
ので、誰に秘密にするという事もなかったのです。
が、仕事関係の 介護ビジネス関連の 人たちから、過剰に、あるいは、防御的に振るまわれて、驚いたものでした。

執行役員から、「胃全摘の手術中、連絡が取れないという事態が生じる可能性があった。また、癌を患っている医者が、まっとうな診療ができそうもなし、連絡が取れなくなることもおこる。そういう人は、主治医を辞めていただきます。」
主治医を断われるのは、患者さんしかいないのですが・・・
その会社の有料老人ホームの入所者50人ほど診ていましたが、期限を切って言いに来ました。

一部上場企業 という社会的ステイタスがあっても、これですからネ。
日本の社会の 根深い病巣を経験しました。

胃全摘直後にもかかわらず、弁護士を入れて、話し合いを 一年ほど続けましたか・・・
癌患者への 偏見を 少しは 正してくれていれば、嬉しいのですが・・・

現状は、この会社の老人ホームの協力医は辞めました。
しかし、続いて診療している患者さんは、会社の意向にかかわらず、当方から 断るわけにはいきませんので、今でも、十数人の方を診つづけています。

でも、この間の、この会社の関連会社の起こした個人情報漏洩をみるにつけ、ブラック企業なの? と考える 今日この頃です。


posted by syouryu at 11:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年08月15日

文字通り、歯が命

胃全摘後は、食物を粉砕するのは 歯 しかありません。
美容とか見栄えとかでなく、消化吸収するためには、文字通り 歯は命。
歯で、しっかりと噛まなかった 食物は、消化吸収されずに、そのまま排泄されてしまいます。
歯で噛めないもの、たとえば、ゴマ とかでも、栄養rとして吸収されるためには、ミキサー か 粉砕にするしかありません。

そので、歯を 酷使するからでしょう、欠けたり、詰め物が取れたり、とトラブルは多いです。
歯医者に行くと、「歯ぎしりしませんか?歯がすり減っています」 とか、言われますが、スルー してます。
スルーしなければ、歯ぎしりですり減っているのと、必死で噛んですり減るのと、区別がつかん藪歯医者かと毒づきそうで・・・

歯の手入れは、いろいろ 試しました。
4年半の試行錯誤で、自分なりに納得して やっている 手入れは・・・

まずは、電動歯磨き
51LO0HZc+wL._SL1500_[1].jpg
たかが、歯ブラシで、ここまで 装備するのか、というほどの ブラウン製、重装備です。
いくつかの歯ブラシ、歯間用、歯茎用、ホワイトニング用 とかがついていますが、もっぱら使っているのが、歯間ワイパー付ブラシ。
タイマー まで付いていて、磨く時間を測定してくれます。 これを、毎朝、毎晩 施行。

歯間専用には、パナソニック製
61m4byFFTpL._SL1500_[1].jpg
通常の歯ブラシも付いているのですが、歯間専用に使用してます。
歯間を、振動して貫通するというのは、気分的にも、歯肉を掃除しているという感覚がわきます。

出先とか旅行用とか、別にありますが、まあ、これくらいの紹介にしておきます。
幸いにして、永久歯は、すべて揃っています。あと何年、もってくれるでしょうか。
どこの職場でもそうなんでしょうか?
食後は、人目をはばからずに、皆さんで、一斉に歯を磨いていますから、人様に隠れて、トイレとか洗面所で、という感じでないですから、歯を磨くのに 何の遠慮も要らないという環境ですね。



posted by syouryu at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年06月17日

印環細胞癌でよかった!

紫陽花 が美しいですね 
しろ
DSC01646.JPG

むらさき

DSC01658.JPG


DSC01640.JPG

胃全摘して、5年目を 今年12月で迎えます。
このごろは、胃癌よりも、肺癌が多いように思えます。
今度は、肺癌かなと・・・

胃癌が見つかった時は、
主治医から、「印環細胞を含む・・・・」
とか、告知されたとき、ほっとしたことを覚えています。

印環細胞癌については、その時も、今も、専門的な病理学的知識はありません。

そのとき、AFP産生胃癌 の病理診断ではなかったという事のほうに、気を取られていました。
知人が、AFP産生胃癌で、亡くなっていましたので、どうしても、そのことが気になっていました。
印環細胞癌か・・・治る可能性があるなァ、少なくとも、すぐには 死なないなァ、と思ったものでした。

とうとう、自分の番が回ってきたのかと、覚悟はしたのですが。
家族によると、覚悟していたような境地とは、程遠く見えたと、笑われています。

その時の、焦っていた自分を思い出して、冷や汗です。
posted by syouryu at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年06月14日

ビタミンB12 が基準値以下

のうぜんかつら 咲き始めました。

ベランダ越しに、公園の池も見えます
__ 1.JPG

ここんとこ、体調も芳しくなかったこともあって、血液検査をしてみました。
胃全摘後、4年半 経過してますが、基準以下は、コレステロール、赤血球数、ビタミンB12 でした。
お酒も 増えてきているので、肝臓機能を心配していましたが、正常範囲でした。

ビタミンB12 は、即、静脈注射しておきました。心なしか、元気になったような・・・
ビタミンB12 が、基準値以下になったのは はじめて。
胃全摘から、4年半経つと、貯蔵分も消費されたようです。
定期的に、静注しないといけないような・・・・




posted by syouryu at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年06月13日

アメリカの癌治療は危機的!・・だと

完全に 初夏を思わせる 緑の重なり
094.JPG

ショウブ も満開
DSC02245 - コピー.JPG


昨年の秋に 出版された 米国癌協会 のレポートから

癌協会というのは、医師などの専門家集団だけでなく、癌治療に係り啓蒙活動をおこなう慈善的な団体と理解してます。
アメリカ 癌治療を巡る話です。

『アメリカでは、癌治療を必要とする患者が急増している。
しかし、癌治療は、医療費が高騰してすべての人に十分な治療が施されていない。
しかも、治療の判断は、科学的なエビデンスに関係なく行われていることが多い。
そのうえ、患者の症状や副作用は軽減せず、症状緩和に向けた緩和ケアを受けていない。』

なんとも、癌治療を巡る悲惨な現状です。
このことを、公然と主張できる アメリカ のほうが、癌治療が進んでいると見做すのか、アメリカの癌治療は悲惨だと見做すのか??

人類は 癌の制圧 どころか 克服 に向けて、成果を出していない事、癌は、今後、ますます増えていくだろうことを痛感させる 報告書と思いました。


枇杷の木に、朝顔のはな
__ 2.JPG
posted by syouryu at 10:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年04月14日

もう一度、これはアカンやろ〜

すっかり、八重桜も 満開
__ 2_edited-3.jpg

ヤマブキも 満開
__ 3_edited-2.jpg

グミの身も色づいてきています。
__ 1_edited-3.jpg

先の、村上海賊の娘 、アマゾン レビュー でも、さんざんに こき下ろしましたところ、参考になったというポチが入っていて、我ながら ビックリ。
同じように思う人もいるのだなア、と ひと安心です。 ワンピース といい、海賊ブームなのでしょうか。

完全な創作ならまだしも、歴史小説ですから、実名も出てくることですし、史実に基づいてほしいものです。
NHK の大河ドラマ も、戦国の殺し合いが好きなようで、人というのは、残虐なものです。
しかも、NHK では、石山本願寺 の場面で、あろうことか、阿弥陀如来 のつもりで、釈迦如来を配して、噴飯を通り越して 大笑いでした。
如来像は、印相によって区別するのですが、そういう事すら頭にない人たちが、日本の歴史ものを造っているんですね。

これはアカンやろ〜 と思っている事が、他にもあります。
胃癌ブログ ですので、ブログランキングに参加しておられる方々の ブログには、目を通すようにしております。
どう考えても、胃ガンのあとの食生活としては、どうかなと、というのが 散見されます。

たしかに、食餌療法によって、胃ガンの再発を防ぐことはできないと、書きました。
だけど、胃全摘した後には、それなりの食事をとらないと、消化吸収しませんので、体重が増えません。
そういう意味での、食餌療法は、必要不可欠だと思います。
癌の再発を防ぐという意味での、菜食や玄米食 は、胃全摘後の食事としても不適当ではないでしょうか。
また、好きなものを好きなだけといっても、外食を続けたり、油ものを摂取したり、お酒を過度に飲んだりとかは、体重増加には結びつかないように思えます。

とかいって、来週は、ベトナムですので、ベトナム料理が待っています。
posted by syouryu at 10:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年04月07日

温熱療法について

DSC06702.JPG

再掲になりますが、寒風吹きすさぶ 前の、今年の 桜

癌への効果として、食餌療法、代替療法、インターネットで宣伝されている免疫療法 は、効果が無いと いいきってしまいました。
もちろん、個人的な感想ですよ。個人的な評価を加えるしか、客観的な万人を説得できる根拠がないのですから、致し方のない事です。

それでは、温熱療法は、どうでしょうか。
大きな釜のようなものを 体表に充て、腫瘍部分を 40度あたりに温めて、癌細胞だけを死滅させる治療法です。
癌細胞は、熱に弱いという事が根拠で、健康保険が適用されています。

実際の研究もあったりして、たしかに、温熱療法をした直後は、癌は縮小しました。
家内は、小児頭大の 巨大な腫瘍が 露出しておりましたので、これが、縮小していくのは、効いたような感じです。
実際に行ったうえの感想ですが・・・

まず、熱さにたえる忍耐と体力がある事が前提です。
家内の場合には、
とにかく、癌組織を壊死させたので、血管が露出し出血傾向が増大しました。
そこで、出血を抑えている間に、見る間に、今まで以上に癌細胞が増大します。

一時的には抑えるけれども、再増殖のスピードを速めたように思えます。

短期的に見れば、効果があるように見えます。
一ケ月単位でみれば、効果あり。しかし、数か月単位では、逆効果、というのが 温熱療法に対する 僕の 評価です。

できる人には、化学療法 や 放射線療法 と 併用してもいいかなとは思いますが、主治医と相談することが肝要です。






posted by syouryu at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年04月05日

免疫療法はどうよ・・・

__ 1_edited-2.jpg

ブログ村 に登録しております。
そうすると、ブログ村の 画面には、よく免疫療法の宣伝画像が張り付いています。

いわゆる、NK細胞療法、樹状細胞療法、リンパ球療法 などなど・・・・

これはですね、はっきりいって インチキ 、 効果無いと思います。
上記の いわゆる 能動免疫を誘発する 単純な免疫療法では、抗腫瘍作用は 芳しくないのが現状です。
こういうたぐいの 免疫療法の誇大広告が法令に違反しないのが不思議です。

もちろん、研究によって 癌免疫療法が 外科療法、放射線療法、化学療法とならぶ、標準治療になることを期待しています。
現状では、癌免疫療法 といわれるもので、効果が確認されているものは それほど多くありません。
癌ペプチドワクチン とか 分子標的治療薬 のなかで、効果が確認されつつあるのが出てきています。
それらの 癌免疫療法と、 何とか自己細胞療法とかいう、
インチキ療法 効果の無い治療法とを混同しない事です。

__ 2_edited-2.jpg
posted by syouryu at 10:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年04月02日

食事療法とか代替療法は無意味です

胃癌で胃全摘して、5年目。
家内を乳癌でなくして、8年目。
それで、個人的に思いますが、あらゆる食事療法 とか、代替療法 は、癌の再発予防としては、無意味と思います。
いわゆる、商業ベースの クリニックで行っている、免疫療法とかも、まったくの無意味と思います。

個人的には、そう思います。お金をかけることに満足を得る人には、有益かもしれません。
それは、がんの再発を予防するという意味でなく、心の満足を得るという意味です。

胃癌の再発予防として、確立している 化学療法である TS−1 ですら、10%の効果です。
僕は、この 10% は、ものすごく素晴らしい効果であると考えます。
しかし、確立していない、食事療法、代替療法 や免疫療法は、1%の効果もないでしょう。
どちらをとるかは、明らかです。

食事療法、代替療法 や免疫療法 に期待して、さんざんに 試してきた 僕の 個人的感想です。
家内と二人で、玄米食を食べていたことを思い出します。
美味しい白米ご飯を食べていたほうがよかったと後悔してます。

この頃なら、癌であることを忘れて、美しい 夜桜見物のほうをお勧めします。

DSC01094.JPG


DSC01115_edited-1.jpg

 
posted by syouryu at 20:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年03月27日

春よ、来い

春よ、来い  といっても、桜も咲きだして、春ですが
ユーミン の歌で、春よ、来い の冒頭に出てくる 沈丁花

__ 2_edited-1.jpg

__ 3.JPG

淡き光立つ にわか雨
いとし面影の沈丁花

沈丁花の香りを感じながらの 歌ですから、季節の春は来ているけれども、心の春はまだ来ない、という シツエーション でしょうか。

春よ 遠き春よ 瞳閉じればそこに
愛をくれし君の なつかしき声がする

春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき
夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く

胃癌の手術の後は、よく聞いていました。
毎年、この季節に 思い出しながら聞いています。

今日、血液検査しましたが、肝機能も正常、貧血も無し、栄養状態もまあまあ。
まあ、この調子で、仕事をして、遊んで、お酒も飲んで  調子良いという事です。

さーて、何時まで、この調子で行けますでしょうか。 
70歳になった時に、立ち止まって、考えるつもりです。
あと、4年 です。
posted by syouryu at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年01月26日

風邪をひいてました

DSC00307.JPG

DSC00300.JPG


土日を、家でおとなしく過ごしたのは、今年初めてです。
冬でも、花は元気よく咲きますが・・・
風邪でしょうか、この10日ほどは、絶不調で、やむなく、家で暖かく過ごしました。

こんなに風邪症状を呈するのは、25年ぶりぐらいでしょう。

食事量は、普段の半分ほど。昨日、昼に外食した、好物の天津麵、卵も麵も食べきれませんでした。
お酒で、流し込めば、食事できるという状態が続きました。
胃全摘5年目に入っていますが、やはり、消化器症状が酷い。
正直な話、下着は、2回汚しました。 肛門が、固形物とガスの区別がつかなくなるという事態。
手術直後の状態になっていました。
胃の無い人が、風邪をひくと、みなさん、こうなのでしょうか?

というので、美味しく食べれた、赤飯おかゆ
DSC00474.JPG

自宅で引きこもっている 下を 元気な声が響いていました。
 
大阪女子マラソン
まず、先頭集団が
DSC00491.JPG

そいて、市民ランナー が続きます
DSC00494.JPG

posted by syouryu at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2014年01月04日

4年目の健診

例年なら、正月中に満開になる ヒマラヤサクラ

まだまだ、二分咲き ぐらい。
DSC00184.JPG

DSC00177.JPG

来週ぐらいに、満開の ヒマラヤサクラ を観れそうです。

胃癌全摘後、4年目の 健診に行ってきました。
主治医とは、正月のご挨拶だけのつもりでしたが・・・
胸部と腹部の 造影CT を撮りました。
一点の曇りもなく、転移像は見つかりませんでした。

こうして、胃全摘 5年目に入ります。
まず、再発は大丈夫でしょうが、油断せずに、一年後に 健診です。

この後に、ニューイヤーコンサートに出かけました。



posted by syouryu at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2013年12月30日

バラの奇形

DSC09883.JPG

バラの花の奇形でしょうか、花の中に さらに、蕾が・・・

DSC09920.JPG


今年は、自分の生活では、よかったといえるでしょうか。
仕事も、やりたくないと思っていたことからも抜けることができました。
私生活では、内孫、外孫ができました。そして、なによりも、胃癌からは、まず、完治したでしょうか。

しかし、取り巻く社会状況は、みるからに最悪です。

見通しのつかない 人類史上最悪の原発事故処理。
溶解した原子炉が地下のどこにあるのか、どうなっているのか、さっぱり分からない。 当然に、どうしたら最終的に冷却できるのか、誰にも妙案がない 絶望的な状況。科学的な思考ができない人には、コントロールできていると思えるのでしょうか?

極東ばかりか、世界から孤立を深める日本政治。
日本が戦争の出来る普通の国になることは、先の大戦の戦勝国である、米露中朝のどこも望んでいないことが明らかです。中国にとっての北朝鮮、アメリカにとっての日本、両国ともお荷物なのでしょう。中国が北朝鮮を見放すときは、アメリカが日本を見放すときでしょう。 僕の眼が黒いうちに、その時がやってきそうな気がします。

それよりも、すぐに、やってくる 東京オリンピック
誘致の主役であった、東京都知事が辞職し、いったい、誘致活動って何だったんだろうと思わざるを得ません。
知事と一緒で、金まみれ、だったんでしょうか。
ある番組のコメンテーターが言ってましたが、オリンピックを返上するいい機会だと。
福島から、放射能が漏れつづければ、現在の政治状況が続けば、オリンピックをボイコットする国も出てきそうですから、今のうちに、返上するのが賢明かもしれません。

このブログは、胃癌ネタ なんですが、趣旨をはずれた記事になりました。
読んでいただいた皆様、有難うございます。





posted by syouryu at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目

2013年12月25日

胃全摘、4年をクリアしました

冬に咲く、十月桜
__ 1 (3).JPG

結構、満開ですが、花は小粒です
__ 3 (2).JPG

例年は、咲いているはずの ヒマラヤ桜
今年は、遅れています。この調子だと、満開は、年明けになりそう
__ 3.JPG

4年前の今日、25日に、胃全摘しました。
食べる量は、全盛時の 7割ぐらい。
消化吸収は、相変わらず、わるい。

今の苦痛は、手術痕の瘢痕が大きくなってきているように思える事。
その手術痕 に、一日のうちで、何度か、痛みが走ること。
ときどき、手で撫でています。

年明けに、4年目の健診を予約しました。

posted by syouryu at 17:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 胃全摘、5年目
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)