2011年06月21日

胃全摘後一年半を過ぎました

胃全摘して、一年半が過ぎました。
この現状で、この何年かは、過ごすことになるのだろうと・・・
今回は、前向きでなく、否定的悲観的な表現にしてみます。
DSC00694.JPG

食事は、3回では、空腹感がありますが、毎日4回食というわけにも行かず、そのときの、調子でという感じです。やたらと食べられるかと思えば、少量しか食べられないこともあって、一定はしていません。
昼間の間食で、お腹がいっぱいになり、気分不良になることもあります。間食は、甘いもの や 脂っぽいものは避けたほうが無難です。バナナが、いいのですが、いつも、バナナでは飽きますし。
どういうわけか、会食 や 海外旅行のときは、食べて食べて食べまくれます。
DSC00705.JPG

お腹の調子ですが、下痢傾向は続いています。油が悪かったりすると、間違いなく4,5時間でそのまま排出します。 朝ごはんは、自分で作るので、下痢することはありません。昼ごはんや夕食でおこりますので、夕方とか夜中に、突然に、ということがあります。今のところ、お漏らし は無いのですが、術後は習慣で、下着は持ち歩いています。下痢も続くことがあるので、ロペミン という止痢剤を一回だけ小児量を飲むと、収まります。会食中に、下痢しだしたときは、この薬のお世話になります。今回の旅行中にも、そういうことがありましたが、誰にも気づかれずに、済んでいます。
DSC00695.JPG

食道への逆流ですが、胃が無いので、これは、避けられないのかと思います。
突然に、喉頭まで逆流することがあります。一ヶ月に一回ぐらいでしょうか。
食べすぎとか、アルコールの取りすぎ とかに、関係なく、ただ腸管内の液体の逆流です。
逆流性食道炎 の症状 である、もたれ感 や灼熱感 が起ることもありますが、アルロイドG を飲み始めてから、ほぼなくなりました。この逆流は、超高齢になったときに、いずれ、誤嚥性肺炎 を起こすのかも知れません。

こんな感じで、胃全摘後の生活が続くのでしょう。

2010年07月24日

詰まる食べ物

ハス は、 今が、盛り
DSC03783.JPG DSC03706.JPG 


ようやく、胃の無い生活も、6ヶ月を過ぎようとしています。
いまだに、食べていて、のどに詰まるものがあります。

軟らかく炊いたご飯
単一の材料からなる 丼もの
軟らかいオニギリ

要は、咬まなくては、のどを通らない ごはん が良いわけです。
しかし、乾燥パスタ のアルデンテ は、咬めても、消化されませんし、程よさが必要です。

食品を前にして、これは、食べないほうが・・・と判断できるようになりました。
僕と、食事をしたことのある人は、僕は、何でも食べていると思っておられるかもしれませんが、そういうわけでもありません。

この暑さで、食欲が減退しています。
栄養価が高く、食欲をそそるものに、気をつけて食べております。
おかげで、多少の前後はありますが、体重は、61キロ をキープしております。

2010年07月09日

胃の無い生活 6ヶ月、痛みは?

蓮 や 睡蓮 も満開になりました。
DSC03581.JPG DSC03629.JPG
胃の無い生活 6ヶ月目、3回食は? は、で写真で示しました、蜘蛛の彫金細工、ですが、完成しました。
DSC03699.JPG
赤紫の石は、ガーネット です。
このごろ、胃切除から、6ヶ月胃たって、また、左胸が痛み出しました。
3から4ヶ月目に痛んでいたのと、同じ痛みです。
今回は、すぐに、理由がわかりました。
胸筋アップの筋トレ をすると、あくる日から、痛み出します。
この、筋トレは、ダメだとわかりました。
しかたなく、胸筋のトレーニングは止めたほうが良さそうです。
幸いなことに、胃切除後は、そのほかの痛みは無く経過しています。
本当に、幸いな事です。

2010年07月06日

胃の無い生活 6ヶ月目、夏に備えて

夏の花が咲き出しています。
DSC03578.JPG DSC03585.JPG
梅雨明けか と思うほどに、今日は、暑かったちっ(怒った顔).
仕事が終わってから、買い物に、出かけておりましたが、めまいがしました。
それほどに、暑い。
胃が無くなって、はじめての、夏を迎えます。
心して、この夏を、過ごそうと、改めて、緊張感をもっています。
まあ、枝豆 をあてに、ビールを飲みながら、ですが・・・・
今日は、石鯛 を見つけて、買ってきました。
DSC03665.JPG
二枚におろして、切り身のほうを、アクアパッツア にしました。
残りの、骨付きのほうは、後日に、焼き魚にします。
今日の、買い物の、目的は、アイスクリーム です。
夏には、一日2個は食べますので、まとめ買いをしてきました。
DSC03661.JPG

2010年06月27日

胃の無い生活6ヶ月目、ロングパスタ

DSC03349.JPG DSC03316.JPG
食事は、ほぼ、胃切除前の状態に戻っているとはいえ、戻ってない事もあります。
ちょうど、6ヶ月目に食べた、ロングパスタ、それは、フェトチーネ だったと記憶してます。それまでは、ロングは カッペリー二 どまりでした。 
スーパーのモールの中のパスタ屋で、目の前で、調理しているので大丈夫だと思ったのですが・・・
トマトソースをフライパンでぐつぐつ とさせながら、パスタをゆがいたままに入れていたので、パスタ料理のの定石どうりだったのです。
美味しく、ゆっくりと、本を読みながら、食べておりました。
5時間後に、脂肪性の下痢がおこりました。 その中に、一瞬、回虫かと思った、白い細長いものが多数混じっておりました。 これが、ロングパスタの残骸でした。よく咬んでいるつもりでも、数センチまでのままで、喉をとおるものもあるようです。
やはり、油が主な原因と思いますが、ロングパスタは、切ってから食べるべきだと猛反省しました。
長男のお嫁さんに、父の日に頂いた、DSQUARED2 のシャツを着ていると、年齢不詳ですが、やはり、痩せていると再確認します。 ちなみに、ジーパンは、ユニクロ です。
秋には、世界遺産 ハロン湾 への旅行を計画しているので、肥っておこうと思っています。
SN3E0012_0001.JPG

2010年06月22日

胃の無い生活6ヶ月目、治癒とは?

花に蜜を集めるクマバチ。体に似合わない小さな翅で飛ぶので、「不可能を可能にする」象徴 とされている。この写真を撮っている距離では、ブンブン という翅音が、聞こえてきて、恐い感じがするが、イタっておとなしい性格で、スズメバチのように、人を襲ったりしない。
DSC05357.JPG DSC05349.JPG
  癌は、現在の医学的説明では、遺伝子の変異が蓄積することが原因でをおこるとされています。その第一の要因は、加齢で、50歳あたりから急激な癌による死亡が増加してきます。第二次大戦直後には、日本人の平均寿命は、50歳でした。平均寿命の増加に伴って、癌の発生が増加してきているのは、ある意味、仕方の無いことで、癌撲滅 というのは、老化を阻止するとか、人の寿命をなくす事と同じで、荒唐無稽なことかもしれません。

しかし、僕は、胃癌から治癒したと、自分としては考えています。

胃癌と診断される以前よりも、元気になったようにすら思えます。これは、胃癌から生還したことの副産物のようにもみえます。しかし、副産物ではなく、主産物とも考えています。

存在の本質への、いっそうの接近、新たな到達と均衡、という、 空(ア)け とか 手放し とか、他力 とか表現される、現実に有るがままに抵抗せずに向くという、意識の均衡状態 をして、肉体が治癒していったのだと思えます。

この意識の均衡状態は、生きることで可能な場合も有れば、死してこそ可能な場合もおこりうるでしょう。 したがって、この治癒には、死して治癒するということも、また、有りかなとも考えられます。

結局、存在の本質の前には、生きても、死んでも、治癒ということに、変わりがないと結論できそうです。

参考図書  癒された死 (Healing into Life and Death)

        著者 スティーブン・レヴァイン

Amazon での書評 『全米ホスピス界の第一人者の綴る「生」と「死」を超えた「ヒーリング」の世界。安らぎの中で死んでいった患者、重病から奇跡の生還を果たした患者、様々なケースに直面した著者が綴る深い洞察の書』

2010年06月21日

胃の無い生活6ヶ月目、手術前後

DSC03524.JPG DSC03522.JPG
もう、蓮 が蕾をつけだしました。7月が、蓮が開花する季節ですから、当たり前といえば、当たり前ですが。
   手術前               現在
DSC04541.JPG  3333.jpg
手術前の写真は、昨年11月28日に、病理検査の結果と、胃全摘の方針を、伺った直後に、昼ごはんを食べながら摂った写真です。
長男が、葬式用の写真は、あるのか? と冗談紛れに聞いてきたので、今撮っておこうと、撮った写真です。
 したがって、幾分、緊張感とシリアスな表情がうかがえます。現在 のは、緊張感が無く、すっとぼけた表情がでています。状況によって、顔の表情が、こうも変化するもののようです。 体重は、手術前で、65キロで、手術直後は、59キロ、現在 61キロです。
この6ヶ月で、自分で、10回も血液検査をしておりました。ちょっと、やりすぎのように思いますが、小心者なもので、少しの体調の変化でも、検査していたようです。
この、5ヶ月過ぎからは、血液検査の結果も、落ち着いてきています。
それまでは、血糖値、コレステロール値 や、膵機能、肝機能、の変動が起こっておりました。
胃全摘後の体の恒常性が整うまでには、これぐらいは必要期間のように思います。
現在の血液検査の状態で落ち着いていくのでしょう。手術前と違うのは、赤血球は、低め、肝蔵酵素系は、正常値ながら、高め で、コレステロール値は、低め で維持しています。
そうそう、散々に騒いでおりました、左胸部痛ですが、痛みは消失しました。今、体で痛いところはありません。

2010年06月19日

胃の無い生活6ヶ月目、 空腹感

ノウゼンカズラ が咲き出しました。これが咲くと、梅雨も明けるのですが・・・
DSC05266.JPG  DSC05263.JPG
胃全摘して、胃が無いので、空腹になることがあるのだろかと思われます。
それが、一ヶ月を過ぎて、二ヶ月をえずに、空腹感に襲われたものでした。 ちょうど、会議があって、夕食時間を過ぎてしまった時でした。
それまでは、絶え間なく、食べているというのに近い状態で、食事をしていました。 5回食というのは、そういう感じになります。食べることが、 行 、という感じで、食事をするという感じでしょうか。
一度には、多くは食べれないので、暇があれば、チョコレート、ウエハウス などの スナック類を食べているという状態でした。 
それが、ある日、突然に、空腹感に襲われたものですから、心から、嬉しい〜 と感じましたわーい(嬉しい顔)
空腹感のときは、お腹がゴロゴロと鳴るのです。胃が無いので、胃が空腹感を感じるという事は無いので、やはり、血糖値が低下するからでしょうか。
今、6ヶ月経って、空腹感の到来を待って、食事をしていますので、楽しく食事ができるようになってきました。
この間、食事が、 行 であることも理解できて、食事を頂くことのできる有り難さが、分かるようになりました。

2010年06月18日

胃の無い生活、6ヶ月目 補助食品は?

DSC05249.JPG
この写真は、入院前に、老婆心で作っておいた 杖 です。
自宅にあった、竹の棒 に、下は、ゴムを貼り、握り部分は、ドライバーを差し込んでいます。
退院後に、ヘロヘロで、歩けないときを考えて、用意しましたが、手術翌日から、普通に歩いていましたから、必要が無かったわけです。
入院前に、食品類も、レトルト から、ゼリー製品 、ウエハウス 、チーズ類 、ジャム など、結構な量を、買い込んでいました。
保存食や補助食品のたぐいも、結構な量を買いだめしていました。
なにせ、一人暮らしなもので、 買出しや調理が出来ないほどに、くたばっていた場合を考えて、万端の準備をして、入院しました。
幸いな事に、入院中でも、普通に外出してましたし、退院後は、自宅から出れないということも無く、過ごせました。
食品類は、賞味期間があるので、数ヵ月後には、周りの人たちに、あまった物を、もらっていただいておりました。
いまでは、栄養補助食品 の類は、口にしなくなりました。
調理器具では、プロセッサー類 も新たに、ニ機種を買い、全部で、四機種も揃えていました。
これは、ひととおり、使いました。プロセッサーは、必須でした。
ミンチ機も、買っていましたが、いまだに、使うときがありません。
また、お粥炊飯器 を二台、買って、職場と、自宅に置いておりました。
しかし、お粥は、どうも、よく咬めないし、のどにつかえてしまうので、出番は余りありませんでした。
もう、使うことは無い様に思います。
そんなで、食料関連では、無駄な買い物が多かったようです。
しかし、無駄になって、よかったと、思っております。

2010年06月17日

胃の無い生活、6ヶ月目 3回食は?

胃が無くなって、6ヶ月の生活を、何回かに分けて概括してみたいと思います。
趣味の、銀の彫金教室、延べ9時間かけて、こんな、蜘蛛のブローチを、まもなく完成です。何の苦痛も無く、何時間かの作業を行うことができるようになりました。
DSC05242.JPG 
また、食事も、こんな感じで、食べられます。
鶏胸肉のトマトソース煮込み、 と、ジャガイモ。
DSC05231.JPG
しかし、何度か3回食に挑戦しましたが、そのたびに、体重は減少します。
体重を増やそうと思えば、5回食にすれば、増加してきます。
現状の60キロを維持しようと思えば、4回食ということになります。
余分な間食は、バナナ、か、おにぎり で済ませています。
そんなで、食事には、そんなに気を使わないで、生活を送れるようになりました。
この頃は、食べ物が詰まったりする事もなくなり、食事を楽しむゆとりも出てきました。
当然のこと、調理することに、喜びも感じられるようになりました。
一人暮らしで、胃がなくても大丈夫との確信を得ています。
食べることが、行 のように感じていた頃が、遠い過去に思えます。
最近の記事
(01/07)本日でこのブログを 終結して、
(12/31)今年も、あと数時間
(12/28)今年の総括
(12/26)胃全適して、ちょうど5年が経ちました
(12/22)食事の工夫
(12/20)猫団子 を見たい
(12/18)最後の 健診
(12/15)考える葦
(12/12)甲状腺がんが多発
(12/10)ジャズ・フェステバル
(12/07)師走の御堂筋
(12/04)猫団子 出現
(12/02)プラスチックの サキソフォン
(11/30)ボリショイ・バレー 観てきました
(11/24)胃全摘5年を祝ってもらいました
(11/21)陽だまりを求めて
(11/18)美味しい 干物 いただきました
(11/14)もうすぐ、5年目の健診
(11/10)忘年会には まだ早い
(11/05)紅葉も盛りに
コメント、有難うございます
本日でこのブログを 終結して、
 ⇒ MASUDA (11/17)
 ⇒ さっちん (09/05)
 ⇒ syouryu (01/23)
 ⇒ 華子 (01/18)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ syouryu (01/08)
 ⇒ ゆう (01/07)
 ⇒ チャミママ (01/07)
胃全適して、ちょうど5年が経ちました
 ⇒ こすもす (01/13)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ syouryu (01/07)
 ⇒ ゆう (12/31)
 ⇒ ca_nonn (12/30)
 ⇒ 胡蝶 (12/26)
食事の工夫
 ⇒ syouryu (12/28)
 ⇒ 胡蝶 (12/24)
最後の 健診
 ⇒ syouryu (12/22)
 ⇒ みさちか (12/21)
師走の御堂筋
 ⇒ syouryu (12/15)
 ⇒ syoouryu (12/12)
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ 胡蝶 (12/09)
 ⇒ ゆう (12/09)
 ⇒ わたあめ (12/08)
猫団子 出現
 ⇒ syouryu (12/11)
 ⇒ ゆう (12/09)
プラスチックの サキソフォン
 ⇒ syouryu (12/05)
 ⇒ ねこ好き (12/02)
胃全摘5年を祝ってもらいました
 ⇒ syouryu (12/01)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ syouryu (11/30)
 ⇒ たいちゃん (11/29)
 ⇒ ねこ好き (11/26)
 ⇒ 胡蝶 (11/26)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ ゆう (11/25)
 ⇒ 小出 利香 (11/25)
医学は煩悩
 ⇒ takopon (11/24)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ syouryu (04/19)
 ⇒ komの夫 (04/18)
 ⇒ ポトス (04/18)
 ⇒ チャミママ (04/18)
忘年会には まだ早い
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ syouryu (11/14)
 ⇒ たいたい父ちゃん (11/12)
 ⇒ carol (11/11)